9 September 2019

秋の夜長

「秋の夜長」は、旧暦の立秋、つまり現代では八月七日ごろから使う、秋の季語。まだまだ暑い日は続いていますが、少しずつ夜が長くなっているのですね。ちなみに対義語は「春の日長」というそうです。涼しく、過ごしやすくなる秋の宵。虫の音に耳を傾けながら、何をして過ごしましょうか。

金麦スタイル 毎日を、もっと楽しく、心地よく。

menu

pickup

動画配信サービスの世界定番カレーのリメイク術

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

興味や関心を広げるのに最適な
エンターテイメントの新定番
包丁いらず!基本のカレーを手軽にグレードアップ

映画や海外ドラマ、見逃したドラマに懐かしのアニメなど、
あらゆるジャンルの映像をサブスクリプション(定額制)で
視聴できる動画配信サービスは、
今や映像コンテンツを愉しむ定番のスタイルです。

サービスの種類やコンテンツが日に日に充実し、
ユーザーの満足度が高まる一方で、
「数が多すぎて何から見ればいいのかわからない……」
「登録したものの情報量の多さに付いていけず放置状態」など、
気後れして手が出せていない人も少なくありません。

そこで、今回はいち早く動画配信サービスに注目し、
それらのレビューを雑誌等に数多く執筆してきたコラムニストの
山崎まどかさんの愉しみ方を教えてもらいました!
自宅から外出先まで、いろいろなシーンで
コンテンツを愉しんでいる山崎さんの姿から、
自分にフィットする見方が見つかるかもしれません。

動画配信サービスの愉しみ方 3か条 動画配信サービスの愉しみ方 3か条

1.冒険することで未知のジャンルに出会える 1.発想の転換!ご飯にかけるのではなく、混ぜて炊く

動画配信サービスを利用し始めたのは5年ほど前、
現在は複数のサービスを使い分けているという山崎さんに、
ずばり、その魅力を尋ねると、
「冒険できること」という答えが返ってきました。

「劇場で映画を観る時って、
一本一本にお金を払い、時間も拘束されるので、
失敗したくない、と思いますよね。だから、みなさん
なるべく自分の好きな系統からはずれない作品を
厳選して観に行くんじゃないでしょうか。
その点、動画配信サービスだったら
定額で何本でも観られるので、
ふだんあまりなじみのない国やジャンルの作品にも
気軽に飛び込むことができます。

私の場合、動画配信サービスを利用するようになって、
国内外のドキュメンタリー作品をよく観るようになりました。
これまで触れていなかった
新たな興味・関心の扉が開くうれしさがありますね」

冒険するにも作品数が膨大すぎて迷子になってしまう……という人は、
各サービスのリコメンドに身を委ねてみるのもオススメだとか。
「一見興味がないな……と思うものも、流されて観てみると
これが意外とおもしろかったりするんですよ!
気になるものをまずは10分観て、
続けて観るか観ないかの判断をするのもいいかもしれませんね。
たくさん観ることができるのはもちろんですが、
合わなければ途中で観るのをやめて、次を見始められるのも
動画配信サービスならではのメリットだと思います」

2.音にこだわって満足度を高める 2.サバ缶で鍋底のカレーを余さず使い切る

いつ、どこでも気軽に観ることができるゆえに、
劇場のように整った環境で観るのに比べると、
動画配信サービスはどこか漫然と視聴してしまいがちです。

「ながら見もいいですが、
私はどちらかというと一つひとつじっくり視聴したい派。
それもあって、できるだけ音にはこだわっています」
山崎さんがそう言って見せてくれたのは、
外出時に欠かせないというワイヤレスイヤホン。
低音の効いたクリアで立体感のある音質で、
一度使い始めたら手放せなくなったそう。

「タブレットやスマホの小さな画面でも
このイヤホンを使うと没入感がぐっと高まるというか、
割としっかり内容が入ってくる気がします。
あと、イヤホンって、コードを何かに引っ掛けて
ブチっと音が途切れてしまって、
『あーいいところなのに……』ということありますよね。
だから、そういうストレスなく作品を愉しめる
ワイヤレスイヤホンを愛用しています」

また、スマホやタブレットを使って観るほか、
自宅のデスクトップパソコンでも視聴する山崎さん。
もちろんパソコンで観る時にも音に気を使って、
パソコン用のスピーカーを接続しているそう。

「やっぱり音がよいと一気に没入できて
満足感もぐんと高まります。
特に、映画や音楽作品をよく観る人は
音響機器をちょっとよいものに変えるだけで
家での視聴がぐんと愉しくなると思います」

3.シチュエーションに合わせてジャンルを選ぶ 3.キムチでうま味とコクをさらに深める

そんなふうに、スマホやタブレット、パソコンにテレビと、
動画配信サービスを視聴するデバイスはいろいろですが、
観るシチュエーションもいろいろ。
どこでもいつでも好きなものを観ることができるわけです。

最後に山崎さんにお聞きしたのは、
シチュエーションによって、何を観るか?
というジャンルの選び方です。

「なんでもあるしなんでも観ることができるけれど、
やっぱり『こういう時はこのジャンル』と、
シチュエーションとフィットする作品があると思います。

私の場合、自宅で家族とごはんを食べる時は、
大画面のテレビで食や旅のドキュメンタリーを観るのが定番。
映像や音楽が美しい作品が多くて気に入っています。
また仕事柄、映画を観る時は細部まで丁寧に観たいので
部屋のデスクトップPCで集中して観ることが多いですね。

外出時は、視聴できそうな時間の長さに合わせて内容を選びます。
例えば、飛行機での長距離移動時は
タブレットでダウンロードしておいた海外ドラマを
ビンジウォッチ(一気見)したり、
ジムのマシンで走っている時には、
海外アーティストのコンサートフィルムをスマホで観たり。
マシンで走りながら、ステージに立つアーティストの姿を見て
『私もがんばろう!』と励まされるわけです(笑)。
疲れていて何も考えたくないけど何か見たい時は、
海外の脱力系リアリティショーもおすすめですよ」

作品のレビューやコラムなどの仕事としても、趣味としても
大量のコンテンツを視聴している山崎さんは、
日々のスケジュールに合わせて
月曜日にこれとこれ、ジムの日はこれを観て……と、 「マイ・タイムテーブル」をつくっているそう!
視聴途中の作品が溜まりがちという人は、
参考にしたいアイデアです。

コンテンツの海を自由に泳いで
自分らしい愉しみ方を見つけよう
難しく考えず、身近にある食材で自分なりのアレンジを愉しもう

日々新しい情報が更新され、
進化していく動画配信サービスの世界。
サービスが始まった頃から利用してきた山崎さんは、
これからのさらなる愉しみ方についてこう語ります。

「昨年、映画賞を受賞したある作品は、
日本ではまず配信で公開され、その後に劇場公開されたのですが、
『配信でも観たけれど、これは映画館で観たい!』という人が多く、
配信を観た人が映画館にも足を運んだという事例がありました。
私もその一人です。

映像も音楽も、今後はサブスク配信で出会った
俳優、アーティスト、監督などの作品を観に、
映画館やライブ会場に足を運ぶという相互作用の愉しみ方が
もっと増えていくと思います」

動画配信サービスと上手につきあえれば、
自分の好みをとことん掘り下げることもできるし、
新たな興味や行動を引き出す入り口にもなる。
そう思えば、情報量の多さに気後れしていた人も、
その深いコンテンツの海を漂ってみたくなってきますね。

日に日に過ごしやすくなり、夜が深まるこれからの時期。
大人世代の新たな趣味として注目を集める
動画配信サービスを愉しんでみませんか?

秋の夜長のお供に、今だけの “琥珀色の金麦”。
金麦〈琥珀のくつろぎ〉数量限定発売中。

山崎 まどか
MADOKA YAMASAKI

コラムニスト。翻訳家。女子文化全般、海外カルチャーに精通し、映画、本、音楽など様々な分野で記事やコラムを執筆。著書に『オリーブ少女ライフ』(河出書房新社)、『女子とニューヨーク』(メディア総合研究所)、『イノセント・ガールズ』(アスペクト)、『優雅な読書が最高の復讐である 山崎まどか書評エッセイ集』(DU BOOKS)など。

present present

BOSE「パソコン用スピーカーセット」

今回は、「音にこだわるのがオススメ」という
山崎さんの助言のもと、ハイクオリティな音に定評のある
BOSEのパソコン用スピーカーをプレゼント。
低音域から細部の音まで捉えるクリアなサウンドは
パソコン視聴でも臨場感たっぷりで、没入できること請け合い!

幅80×奥行き150×高さ190mm(1点あたり)と
コンパクトなサイズ感で、セットアップも簡単なので
使いたい場所に気軽に持ち運ぶこともできます。

高音質で動画配信サービスを愉しみたい方、
ぜひご応募ください!

応募する応募する

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

ページの先頭へ

pick up contents

  • 旬の便り
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント