11 November 2018

夜活

最近では、「朝活」ならぬ「夜活」も注目されているようです。夜ヨガや夜ランなどアクティブな活動はもちろん、読書や勉強、お風呂であたたまったり、マッサージをしたりとくつろぐのも、夜ならではの活動かもしれません。一日の終わりに自分の時間を愉しみ満たされたら、心地よく眠れそうですね。

金麦スタイル 毎日を、もっと楽しく、心地よく。

menu

pickup

明日のための夜活講座 明日のための夜活講座

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

1日の終わりに自分だけの時間を持つ 1日の終わりに自分だけの時間を持つ

朝晩の空気にも、日に日に早くなる日暮れにも、
秋の深まりを感じる今日この頃。
秋の長い夜をどんなふうに過ごしていますか。
昨今は働き方改革で以前よりも早めに
仕事を上がる人も増えています。 そういった背景もあり、注目されているのが夜活。
出勤前に行う朝活に対し、
退社後の夜時間を学びや趣味などに使うことです。

「夜活という言葉が注目されている背景には、
そういった社会環境だけでなく、
自分を大切にする感性を持つ人、
自分のための時間を持つようしている人が増えていることも、
関係しているのではないかと思います」
と、快眠セラピストの三橋美穂さん。

三橋さんの専門である睡眠も
「究極の“自分を大切にする時間”だからこそ、
関心が高まっているのでは」といいます。
今、世の中には、様々な形の夜活がありますが、
今日は夜活=良い睡眠を手に入れるための活動
と考えて、明日の自分をレベルアップするための
夜時間の過ごし方を三橋さんと一緒にご紹介します。

明日のための夜活講座3か条 明日のための夜活講座3か条

1.就寝4時間前から2時間前までは学びや挑戦を 1.就寝4時間前から2時間前までは学びや挑戦を

夜活といえば、語学や資格取得などを目指して学んだり、
趣味や新しいチャレンジをしたりする人も多いもの。
「そういった夜活をするならば、
“睡眠禁止ゾーン”で行うのがいいですよ」
と三橋さん。睡眠禁止ゾーンとは
いつもの就寝時間の4時間前〜2時間前の2時間。
いつも24時に寝ている人なら、
20時から22時がこの時間帯にあたります。

「この時間は一日の疲れがたまっているはずなのに、
体内時計の働きで、身体は元気な時間帯。
だから、勉強や趣味など自分のやりたいこと、
関心のあることを集中して行うのに適しているんです」

就寝2時間前までの睡眠禁止ゾーンは、
自分のために効率よくがんばれる
ゴールデンタイムというわけです。
朝に弱く朝活でうまくいかなかった人も、
夜活でなら続けられるかもしれません。

2.就寝時間が近づいたら無心になれることに切り替える 2.就寝時間が近づいたら無心になれることに切り替える

睡眠禁止ゾーンを活用して
趣味や勉強がいい調子で進んだとしても
「就寝2時間前には終わりにして!」と三橋さん。
心身をリラックスモードに
切り替えていく時間帯に入るのだとか。

特に、この時間帯には明るい光を避けたいため、
照明も蛍光灯などの青白い光より、
白熱灯の明かりやキャンドルなど
暖色の光に切り替えるとベスト。
そしてスマホやPCはOFFしたいもの。
どうしても……という人は、
画面の明るさをぐっと下げておくだけでも効果があるそう。

「何か読むならスマホよりも、本のほうが良いですね。
あとは大人の塗り絵もおすすめです。頭を休め、
のんびりと無心になれることが良いでしょう」

3.寝る前の行動が睡眠中の疲労回復を促す 3.寝る前の行動が睡眠中の疲労回復を促す

また、この時間帯には心と頭をリラックスさせながら、
身体も緩ませることが大切だといいます。
眠りの直前の夜活は、自分が心地よいと感じることを
のんびりと行うことがポイント。

たとえばヨガやストレッチなど、呼吸のリズムをゆっくり整え、
血流を促すことがよく薦められますが、三橋さんは、
1日の終わりに血行を良くすることは、
安眠のためだけでなく、明日のために大切なことだといいます。

「血行を良くするということは、
新鮮な酸素を体の隅々まで運んだり老廃物を回収したりと、
疲労回復の意味もあるからです。
私はストレッチしながら頭皮マッサージをしています。
頭って結構こるので、頭皮をほぐすと疲れも取れ、
気持ち良いんです。しかも頭皮は顔の皮膚とひと続きですから、
頭皮マッサージがシワやタルミの予防にもつながるそうですよ」

夜活とは明日のためにパワーを得るためのもの 夜活とは明日のためにパワーを得るためのもの

三橋さんのお話を伺っていると、
夜活とは、単に夜時間を活用するだけでなく、
眠りに至るまでの時間を、体内時計に合わせて有効に使い、
良質な睡眠を手に入れることまでを含めた活動ということがわかります。

「夜はただ単に昼間の疲れを癒すだけでなく、
パワーを得るための時間。
眠りは本来、成長するための時間であり、
忙しい中でも自分に必要な睡眠時間をとることは、
未来の自分のための積極的な行動なのです」
疲れ果てて帰宅し、気を失うように眠りにつくのは、
決してよいことではないと三橋さん。夜時間を、
明日の自分のために大切に過ごすよう心がけましょう。

夜長にぴったりの「金麦〈濃いめのひととき〉」 11月20日(火)より新発売。

三橋 美穂 MIHO MIHASHI

快眠セラピスト/睡眠環境プランナー。心の環境、体の環境、睡眠の環境を整えることが快眠の3つの柱と考え、睡眠とストレス、食事、色彩、体操、呼吸法、寝具などとの関わりについて研究。全国での講演活動や執筆、取材などを通して、眠りの大切さや快眠の工夫、寝具の選び方などを提案。快眠グッズのプロデュース、寝具メーカーやベッドメーカーのコンサルティング、枕やパジャマの開発、ホテル・旅館の睡眠環境コーディネイト、睡眠アドバイザー育成など、睡眠関連企業のコンサルティングも多数行っている。著書に『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』(かんき出版)、『CDを聞いてゆったり深~く眠れる本』(PHP研究所)など。

present present

「大判ウールストール」

これからの季節の夜活は冷えが大敵。
本を読んだりしているときにも
しっかりあたたかくしておきたいものですよね。
「この大判のストールは70cm×180cmと
しっかり体全体を包めるサイズですし、
寝る時間になったらそのままベッドに持って行って
ブランケットとしても使えておすすめです」
と、三橋さんにオススメいただいたこのストールは、
極細ウールを使って編み上げた、しっとりなめらかな肌触りが特徴。
心地よい夜時間を演出してくれそうです。
ぜひご応募ください!

応募する応募する

仕事が早く終わった日は、お店で誰かとワイワイ飲むのもいいけれど、家で心地よいブランケットに包まれて、のんびり過ごすのも魅力的。見たかった映画や録画してあったドラマを愉しもうかな、とか。
そんな時にはぜひ限定醸造の「金麦〈濃いめのひととき〉」をお供に。
リッチモルトを1.3倍使用して実現した深いコクが、秋の夜長をちょっと贅沢にしてくれるはずです。
※当社「金麦」比による

深いコク、まろやかな余韻。金麦 濃いめのひととき 深いコク、まろやかな余韻。金麦 濃いめのひととき

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

ページの先頭へ

pick up contents

  • 旬の便り
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント