金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

鰆

旬の食材を使ったレシピ

「鰆の“ふきのとう味噌”焼き」

鰆の“ふきのとう味噌”焼き

レシピを見る

瀬戸内では、春を告げる
魚として人気です。

成長とともに、名前が変わる出世魚で、
50センチぐらいまでをサゴシやサゴチ、
70センチぐらいまでをヤナギ、
それ以上をサワラと呼びます。
ほっそりした体型で、腹部が狭いから、
狭腹(さはら)=サワラ
と呼ばれるようになったとか。

瀬戸内海では、春になると、
産卵のために、たくさんやって来ます。
岡山では、刺身や塩焼き、酢の物に寿司。
また、香川では、ボラならぬ鰆の子で
カラスミを作ったり、酢じめにして押し寿司に。
春を告げる魚として愛されてきました。

暦の上では春でも、実際は冬一番の、寒の頃。
この時期揚がる「寒鰆(かんざわら)」は、
実は、食通の垂涎の的。
脂がのってぐっとおいしくなるんです。

その鰆に、春の使者「ふきのとう」を合わせました。
ふっくら柔らかい、やさしい鰆の身と、
ほんのり苦いふきのとうが、
やさしく、春の訪れを告げてくれます。
春の暖かさが待ち遠しい一品です。

 

Recipe 金麦レシピ

さわらの“ふきのとう味噌”焼き」

春の香りとほろ苦さ。身体が目覚める、焼き魚です!

Rika Maezawa 前沢リカ

Rika Maezawa 前沢リカ

プロフィール

レシピの詳細は金麦レシピでご紹介!

金麦レシピへ

金麦スタイル 旬の便り

2月21日(金)

 
  • たんぱくな鰆に、ほろ苦いふきのとうの味噌。相性ばっちりですね、ぜひ今晩作りたいです。

    (まあちゃんさん / 2014.2.21)

  • 我が家の周りで、そろそろ蕗の薹が出はじめます。鰆の味噌焼き&金麦で旬を楽しみます。

    (パインさん / 2014.2.21)

  • 毎年、春になると岡山から鰆が届きます。なんといっても美味しいのはお刺身!甘くて最高。そして、炒り煮。漁師さんのお料理らしいのですが、すき焼きのような甘辛いお鍋にしていただきます。新玉ねぎと絹さやを一緒に入れて煮ます。旬の物は素晴らしく美味しいです。あと、酢でしめます。

    (nonncoさん / 2014.2.21)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ