金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

煤払い

クイズに答えて
読者プレゼントに応募

「昔ながらの道具で、
心をこめて煤払い。」

「昔ながらの道具で、心をこめて煤払い。」

プレゼントを見る

お正月を目の前に
大掃除始めますか。

大仏さまの1年分の煤を払う「お身ぬぐい」。
奈良・東大寺では、毎年夏に行われますが、
薬師寺や唐招提寺を始め、各地のお寺では、
師走も深まった頃に「お身ぬぐい」が始まります。

かつて、煤払いは
12月13日に始めたものだったとか。
江戸城の「煤払い」がその日だったため、
庶民も倣ったということのようです。

当時は、単なる大掃除というより、
その年の厄を、煤とともに祓い清め、
新しい年の「歳神(としがみ)さま」を
迎える準備でもあったようです。

今も、昔も、そこは同じ。
来るべき新しい一年を気持ちよく迎えるために、
日頃手が回らなかったところまで
丁寧に掃除しましょう。

そこで、隙間や部屋の隅々まで掃き届く
昔ながらの棕櫚(シュロ)の箒(ほうき)。
棕櫚は柔らかく、植物性油脂を含んでおり、
優しく床を撫でるようにして使えば、
床にいい風合いが出てきます。
心を込めて使えば使うほど、応えてくれる道具。
襟を正して使って、
1年分の「汚れ」を掃き清めて、
おうちはもちろん、心も身体も軽くなりましょう。

 

Present 読者プレゼント

昔ながらの道具で、
心をこめて煤払い。

「トサカ」という伝統的なカタチで編み上げた棕櫚の箒。 力をこめて掃きだすのではなく、優しく掃き寄せるようにして使うため、自然と動きがていねいに。心をこめて「煤払い」ができそうです。

プレゼントの詳細は読者プレゼントでご紹介!

応募締め切り

※応募受付は終了しました

金麦スタイル 旬の便り

12月13日(金)

 
  • 今の掃除道具は巷にいっぱい溢れ、掃除がとても楽になりました。しかし、本当に綺麗に掃除をするのには、やはり昔ながらの道具を使い、労を惜しまず時間をかけ丁寧に掃除をすることが一番です。今回のサントリーさんの紹介で改めて感じました。

    (たあちゃんさん / 2013.12.13)

  • 実家には棕櫚の箒があり、私が大きくなってからは私のお気に入りの箒となりました。朝と言わず、棕櫚の箒をもって2階の廊下から階段、また、1階の廊下も、お勝手口までずっと掃いていくことが、私が2階の私室から1階に下りるときの決まり事でした。棕櫚の箒は掃くのにも気持ち良く、いつも私の手元にありました。

    (たむたむさん / 2013.12.13)

  • 私も当時に思いをはせながら、年の瀬を越して見たいと思いました。シュロの箒!ね!

    (白鳥さん / 2013.12.13)

  • 「大掃除、終わった後の金麦一杯!」頑張ります!

    (taka34さん / 2013.12.13)

  • お恥ずかしいですが、棕櫚(シュロ)の箒(ほうき)というものを初めて知りました。とても使いやすそうで、しかも耐久性にも優れているとか。プレゼントに当選しなかったら購入しようかな(笑)

    (rieriさん / 2013.12.13)

  • とても素敵な箒、思わず応募してしまいました。

    (こだぬきさん / 2013.12.16)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ