金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

秋の七草

クイズに答えて
読者プレゼントに応募

「秋の七草を絵画のように愛でる」

「秋の七草を絵画のように愛でる」

プレゼントを見る

秋の里山を彩る、
可憐な草花です。

覚えておくと、
秋のお散歩がぐっと楽しみに。

春の七草は、七草粥のおかげでしょうか、
とても馴染み深いものですが、
秋の七草となると、必ず2つ3つ、
思い出せないものがあります。
七草粥のように食べたりするものではなく、
純粋に鑑賞するものだからかもしれません。
やさしげな可憐な花が多いのも特徴です。

では、秋の七草、言ってみましょうか。
萩(ハギ)、桔梗(キキョウ)、葛(クズ)、
藤袴(フジバカマ)、女郎花(オミナエシ)、
尾花(オバナ=ススキ)、撫子(ナデシコ)。

万葉歌人の山上憶良が詠んだ歌が
由来と言われているそうです。

秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)
かき数ふれば 七種(ななくさ)の花

萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし)
また藤袴 朝貌(あさがお)の花

さて、この七草、どう楽しみましょう?
春の七草なら、粥に入れますが、
これは、目で愛でるべきもの。
七草を揃えて眺めてみるのが一番。

たとえばこんな、壁にも掛けられる花瓶はいかが?
フレーム裏の挿し込み口から、
活けた花が飛び出して、
額に入れた絵画のような表情を見せます。
七草を摘みに、秋の里山散歩を
楽しんでみてもよいかもしれません。

 

Present 読者プレゼント

秋の七草を絵画のように愛でる

風情あふれる秋の七草。シンプルな花瓶に生けても素敵ですが、フレーム付きのフラワーベースを使えば、絵画のように壁に飾って愛でることができます。飾り方次第で様々な表情が楽しめますよ。

プレゼントの詳細は読者プレゼントでご紹介!

応募締め切り

※応募受付は終了しました

金麦スタイル 旬の便り

10月11日(金)

 
  • 春の七草は、七草粥を作る時に、必ず一度は口にして言うので知っていますが、秋の七草がある事自体知りませんでした。日本の四季の豊かな情緒を感じます。

    (プリンママさん / 2013.10.11)

  • 埼玉・長瀞周辺には七草寺というのがあります。寺でらに萩・桔梗・・・・と巡るのも楽しみです。ぜひ一度見に来て下さい。

    (写楽せぇ~さん / 2013.10.11)

  • 秋の七草は知りませんでした。春とは違って観賞用のせいかも知れない。何となく食べ物と違って、、、、、。勉強になりました。

    (ポロトの勘吉さん / 2013.10.12)

  • 今回のプレゼントのフレーム、トリックアートっぽくて、とっても素敵!絶対欲しい。

    (うさぎさん / 2013.10.13)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ