金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

すすき

クイズに答えて
読者プレゼントに応募

「読み込むほどに、味わい深く。」

「読み込むほどに、味わい深く。」

プレゼントを見る

輝く月に、すすき。
ニッポンの秋です。

山は暮れて 野は黄昏の 薄(すすき)かな  蕪村
薄原(すすきはら) 月は頭の 上にあり  子規

月が昇って、明るい月の光で、すすきの原が銀色に輝く。
まるで、幽玄の世界ですね。
秋の季語の1つ、すすき。
花言葉は「活力」「精力」「心が通じる」。
別名は尾花ともいいます。

幽霊の 正体見たり 枯れ尾花

すすきは幽玄でもあるけれど、幽霊と見違うこともある。
夕暮れ時のすすきは、確かにちょっと妖しいかもしれませんね。

さて、秋は夕暮れから先が長い。
秋の日はつるべ落としですから、あっという間に暗くなる。
実際に夜が長いのは冬なのですが、秋は月が明るいからか、
夜を長く感じるようです。

秋の夜長、さあ、何をして過ごしましょう?
本を読むのにも、もってこいの時期。
たとえばこんなブックカバーをお気に入りの本にかけて、
過ごしてみるというのはいかがでしょう。
いつもの読書タイムがほんの少しグレードアップ。
冴え冴えと月が輝く、静かな夜を、
上質な素材感とスタイリッシュなビジュアルが、
豊かに彩ってくれます。

 

Present 読者プレゼント

読み込むほどに、味わい深く。

裏面から表面につながる切り込みが栞になるブックカバー。牛革製なので使い込むほどに味わいが増していきます。こんな上質なアイテムがあれば、読書時間が一層豊かなものになりそうですね。

プレゼントの詳細は読者プレゼントでご紹介!

応募締め切り

※応募受付は終了しました

金麦スタイル 旬の便り

9月20日(金)

 
  • すすきって、雑草のイメージが強いけれど、秋の澄み切った月夜のすすきは、素朴ではあるけれど、とっても気高く凛とした美しさを感じます。

    (だーちゃんさん / 2013.9.27)

  • この歳になって仲秋の名月の奥深い味わいを感じています。暑い夏を乗り切りほっとしている民に、優しく夜を照らす青の光。優しくも、儚くも、一人ひとりの心を照らす月明かり、風情が有りますね。一句献上「月青く 民の心を さも照らす」65歳。

    (rupan2013さん / 2013.9.27)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ