金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

雨水

立春から半月ほど後が、二十四節気の「雨水」うすいです。降るものは雪から雨に変わり、このあと「啓蟄」けいちつ(冬ごもりの虫が地上へはい出す、という意味の二十四節気)へと、一歩ずつ春へと移り変わるさまを表します。雨水のころは旧暦で「小正月」こしょうがつに当たる時期でもあります。小正月は別名「女正月」おんなしょうがつ。正月準備に忙しい女性をねぎらうという意味でそう呼ばれるそうです。伝統にあやかって、あったかい鍋料理を囲んでのんびりゆっくり、女同士で過ごすのもいいですね。

「イタリア風
ブイヤベース」

「イタリア風ブイヤベース」

レシピを見る

二月十八日は
雨水うすい
春の気配です。

「女性をねぎらう」

凍てつく寒さをやっと通り越し、
二十四節気では雨水を迎えます。

どこか女性的で美しい響きをもつ「雨水」。
この時期は旧暦の小正月、
別名を女正月ともいいますから
なるほど女性と縁があるわけです。

いまとなっては共働きの夫婦も多く、
料理好きの男性も多いから
正月仕事は女性のものとも限りませんが、
かつての女性たちにとっては大仕事。

大掃除に、おせち作りに、おもてなし……。
家族も多かっただろうから
さぞかし骨の折れることだったでしょう。

そんなお正月の労をねぎらって、この時期
女性同士集まって宴をかこんだというのが
女正月といわれる由縁。

男子禁制の宴であったとも聞きますから
いまでいう「女子会」?
きっとこの日ばかりは羽根をのばして
旦那のグチでもいいながら楽しんだのでしょうね。

地方によっては女正月には
男性が家事を一手にうけおって
女性を休ませてあげるとか。

これはぜひとも全国で
取り入れていただきたいものですね。

男性諸君!女性の体をいたわって、
栄養満点、見た目も豪華なブイヤベースなんて
作ってあげてはいかがでしょう?

意外と調理はシンプルだから
不慣れなかたでもきっと大丈夫。

なにより誰かが作ってくれた料理というのが
女性の心を癒してくれるはずですから。

金麦スタイル 旬の便り

2月15日(金)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

イタリア風ブイヤベース

◎材料(2人分)

生たらの切り身
2切れ
海老(有頭、殻つき)
4尾
蒸し帆立て貝
8個
オリーブ油
大さじ1と1/2
にんにくのみじん切り
小1かけ分
赤唐辛子
1本
ローリエ
1枚
玉ねぎのみじん切り
1/4個分
トマト
大1個
白ワイン
1/3カップ
適宜
こしょう
適宜
バジル(ドライ)
適宜
パセリのみじん切り
適宜

イタリア風ブイヤベース

にんにくと唐辛子をきかせた、魚介たっぷりのトマトスープ。手軽に作れて、見栄えもする一品です。

◎作り方


たらは一切れを2つに切り、海老は竹串で背わたを取って、それぞれ、塩、こしょう各少々をふる。赤唐辛子は2つにちぎって種を取り、トマトはへたを取って粗く刻む。フライパンに、オリーブ油大さじ1と1/2、にんにく、赤唐辛子、ローリエを入れて弱火にかける。香りが立ってきたら、玉ねぎを加えて中火で炒め、続いて、トマトを加える。


煮つまって、トマトの汁けが少なくなってきたら、たらと海老を加え、白ワイン1/3カップをふる。強火で煮立て、アルコール分をとばしたら、水1と1/2カップを加える。


バジル、パセリのみじん切り各少々をふり、ふたをして、強火で2~3分煮る。帆立てを加えてひと煮し、味をみて、たりなければ塩少々を加える。好みでバジル、パセリのみじん切り各少々をふって火を止める。

[撮影:大井 一範 料理: 大久保 恵子 作品提供/オレンジページフォト]

 
  • ちょっと贅沢なブイヤベースですね。

    (月見草さん / 2013.2.15)

  • ブイヤベースは手間がかかりそうなイメージでしたが、炒めて、軽く煮込んで出来上がりなら、作れそうです。具材も残さず食べ切れるので栄養満点です。美味しく作って家族で食べつくしたいです。

    (夏子さん / 2013.2.15)

  • 昔から女子会ってあったなんて驚き!!やはり女子パワーはすごいですね!!雨水って言葉、女正月って言葉・・・初めて知りました!またもや女子力UPです

    (ひらめのえんがわさん / 2013.2.15)

  • 魚介類が大好きな私にとっては、お気に入りのメニュー(アクアパッツァもそうだけど)です。今晩あたり作ろうかぁ~。

    (だーちゃんさん / 2013.2.15)

  • すごく美味しそう。ガーリックトーストと一緒にいただきたいですね~。

    (かもめままさん / 2013.2.15)

  • 昨今、男女平等どころかこんなに強くなった女性たちに、女正月といっておせちをはじめ料理でもてなしすれば、ますます男性は弱くなって日本の滅亡も早まるのではないでしょうか?少し心配です。

    (デブさん / 2013.2.15)

  • 魚介類を入れると本当にいい出汁が出ますよね。私は、玉ねぎ、ジャガイモ、もやしなど野菜もざく切りしてたっぷり入れるのが好きです。ヘルシーでしょ。

    (てるてるさん / 2013.2.15)

  • 汁物と思っていました。

    (バクゼンさん / 2013.2.15)

  • 私と妻、子供2人の4人家族です。妻も働いているので、家事については夫婦平等といきたいものの、やはり、妻に負担が偏っています。女正月にあやかって、少し妻に息抜きしてもらうようなイベント準備します。

    (きこりのおじさんさん / 2013.2.19)

  • イタリアもフランスも日本も漁師料理は豪快で温まるんですよね。魚介類は新鮮だし、寒い季節にピッタリだと思います。

    (すいかてんさん / 2013.2.20)

  • ブイヤベースって日本人の食生活に合っています。魚介類がにんにくと塩加減でビールが進みそうです。

    (トニーちゃんさん / 2013.2.22)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ