金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

山菜

2月4日は立春。まだまだ寒さつのる日々が続きますが、春の訪れまであと一歩。雪解けになれば、新鮮な山菜が出回ります。野を感じさせる風味、独特の苦みはまさに旬の味です。この苦みこそが、早春の身体にうれしい自然からの贈り物。苦みに含まれる抗酸化作用や新陳代謝を促す成分が、冬の身体を目覚めさせ、新しい季節に合わせてギアチェンジしてくれるんだそう。立春を過ぎれば寒さもあと少し。水煮や乾燥もので山菜料理を味わいながら、春を待つのはいかがですか?

「山菜おこわ」

「山菜おこわ」

レシピを見る

山菜料理で
一足早く春を
感じます。

「採れたての春」

まだ春ということばが実感できない早春のこと、
新潟に友人のふるさとを訪ねました。

雪こそなかったけれど、
吹く風はひやりと鼻先をかすめます。
そんななか友人はせっかくだから
外でお昼を食べよう!と支度をはじめました。

食材、コンロ、テーブル、イス……
車からつぎつぎと運び出され、
なにもない河原はにわかにステキな食卓に。

「さて、じゃあみんなで宝探しだよ」と
やおら友人は草をかき分け
何かを見つけ誇らしげに掲げました。

「ほら、こごみ!この辺に自生してる山菜。
きょうのお昼のメインディッシュです!」

なるほどやっと合点のいった私たち。
競って探すもなかなか簡単には見つかりません。

その横で、まるで山菜探知メガネでも
掛けているかのように
つぎつぎと収穫する友人。
子どものころからお母さんと遊びのように
慣れ親しんできたのだから敵うわけがありません。

おかげでカゴいっぱいになったこごみを
さっそく天ぷらにしていきました。

カラリと揚がったアツアツに塩をぱらりで
いただきます!

ん~まさに春の味!
ほのかな甘さの奥からふっとあらわれる苦み。
でもえぐみはなく、なんともやさしいのです。

本当の採れたてだからこその美味しさと
ふるさとの味を私たちに教えたくて、
秘かにプランを立ててくれた友人に
みんなで乾杯!

おいしい思い出っていつも
誰かの思いに支えられているな、と
滋味深い山菜の味わいのごとく
しみじみありがたく思うのです。

金麦スタイル 旬の便り

2月1日(金)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

山菜おこわ

◎材料(4人分)

もち米
2カップ(320g)
山菜の水煮
100g
しめじ
50g(約1/2パック)
まいたけ
50g(約1/2パック)
油揚げ
1枚(40g)
ぎんなんの水煮
1缶
(缶詰・固形量55g入り)
 
和風だしの素(顆粒)
小さじ1/2
しょうゆ
大さじ1
大さじ1
みりん
大さじ1/2
大さじ1/3~1/2

山菜おこわ

山菜にしめじ、まいたけ、ぎんなんと、山の幸がたっぷりのおこわです。油揚げは油抜きせずそのまま入れて。

◎作り方


もち米はといでざるに上げ、水けをきっておく。山菜の水煮は水洗いし、水けをしっかりときる。しめじ、まいたけはそれぞれ石づきを切り、手で細かくほぐす。油揚げは縦半分に切ってから、横に幅5mmに切る。ぎんなんは汁けをきる。


水1と1/2カップから大さじ1を減らして(285ml)耐熱のボウルに入れ、和風だしの素、調味料を入れて混ぜ合わせる。もち米、山菜、しめじ、まいたけ、油揚げを加え、全体を混ぜる。


ラップをして電子レンジでまず10分加熱し、中心から外側に向かって全体を混ぜる。さらに5分加熱し、ぎんなんを加えて同様に混ぜ合わせ、3分加熱する。レンジから取り出して、ラップをしたまま10分ほどおいて蒸らし、全体をさっくりと混ぜる。

[撮影:対馬 一次 料理:樋口 秀子 作品提供/オレンジページフォト]

 
  • 山菜おこわ、いいですねー。ただ、妻が、山菜があまり好きでなくて・・・・。

    (酔いどれ親父さん / 2013.2.1)

  • もうすぐ立春なんですね!松の内があけ寒さも少しは緩んでくる時期に山菜採りとは羨ましい限りです。寒さと少し緩んだ暖かさの狭間で、山菜のてんぷらは最高ですね!さぞかしビールも進んだことでしょう。

    (デブさん / 2013.2.1)

  • 春を感じさせる料理は清々しい。

    (ミキヘンリーさん / 2013.2.1)

  • 春の訪れは、家の庭にある草木を眺めてると、「一緒に今年も寒さなど乗り越えて来てくれた」、と実感し活力になります。

    (るりさん / 2013.2.1)

  • 春の香りがしてきそうです。

    (月見草さん / 2013.2.1)

  • 画面は、まさしく取り立ての春ですね。いつも楽しく美味しく、拝見しております。当方、札幌の大通公園は、雪まつりの準備に追われ、大雪像造りの真っ最中です。まだまだ、春は遠い先です。

    (なんちゃんさん / 2013.2.1)

  • 山菜これからが旬ですよね。美味しく食べるコツはやはりあく抜きですね。手間をかけても自然の山菜は美味しいです。なんといっても春の香りがたまらなくおいしいですよ。もっともっと山菜の美味しいレシピ教えてください。

    (すしゃーるさん / 2013.2.3)

  • 山菜、ぎんなん大好き!食べたーい。

    (たっくんさん / 2013.2.4)

  • 山菜おこわを作りました。山菜は無かったので入れませんでしたが、他は全部入れました。本当に電子レンジでおこわが出来るのかと不安でしたが、レシピ通りにすると美味しいおこわが出来ていて、感動しました。中華おこわのレシピも知りたいです。

    (もんちゃんさん / 2013.2.6)

  • 山菜って春の季節を知る一番有名なものです。食べるのも良し、摘みに行くのも良し。食べることは、おこわよりもてんぷらの方が多く料理されると思います。

    (トニーちゃんさん / 2013.2.10)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ