金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

カリフラワー

真っ白にこんもりした形のカリフラワー。揚げたり茹でたりしてほっこりした食感を味わったり、最近では生のままピクルスやサラダにしてシャキシャキの歯ごたえを楽しんだり、調理法や味付けで七変化する野菜です。ちなみにフランス料理で「クレーム・ド・デュバリー」といえば、カリフラワーのポタージュ。カリフラワーが好物だったというルイ15世のお気に入りの女性デュバリー夫人の名前にちなんだもの(彼女のヘアスタイルがカリフラワーを連想させるものだったから、という節もあります)。寒い季節ですから、スープやグラタンで旬を味わうのがいいかもしれませんね。

「かぼちゃとカリフラワーのキッシュ風グラタン」

「かぼちゃとカリフラワーのキッシュ風グラタン」

レシピを見る

カリフラワーが
おいしい
時期です。

「カリフラワー記念日」

ある日、料理好きの友人がいいました。
「最近カリフラワーが気になるんだよね」

え?

生まれてこのかた
カリフラワーが気になったことなど一度もないし、
それどころか高校の園芸の授業では
ブロッコリーかカリフラワー
どちらかを選んで育てましょう!といわれ
ブロッコリーのほうが断然おいしいのに
カリフラワーなんて選ぶ人いるのかしら…
と心配になったくらいの私ですから
その友人のひとことは衝撃でした。

どうして?どうして?
まったく理解しない私にあきれ顔の友人。

「なかなか滋味深い野菜だよカリフラワーは」
そんな風にいわれると
こんな私でも気になります。

スーパーでカリフラワーと目が合うと
なんだか避けて通れないような気がしました。

そしてついに耐えかねて友人へメール。
すると「まずはスープをつくってごらんよ」と
謎解きのヒントのような返信がやってきました。

持っている料理本にカリフラワーのスープを探すと
美味しそうなのがあるじゃないですか。
さっそくそのポタージュスープをつくってみると
なるほど控えめなやさしい甘みが後をひくおいしさ!

友人のいった「滋味深さ」をやっと実感し、
それ以来すっかりカリフラワーを見直して
いろいろ試してみています。

ジャガイモのようなホクホクとした感じは
グラタンにもぴったりです。

かつての私のようなかた!
ぜひこの冬はカリフラワーデビューしてみませんか?

金麦スタイル 旬の便り

1月25日(金)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

かぼちゃとカリフラワーのキッシュ風グラタン

◎材料(4人分)

かぼちゃ
1/4個(約400g)
カリフラワー
1/2株(約150g)
鶏ささ身
5本(約250g)
玉ねぎ
1/2個
卵ソース
 
2個
生クリーム
1カップ
小さじ1/2
こしょう
少々
あればナツメッグ
少々
洋風スープの素(固形)
1/2個
ピザ用チーズ
60g

サラダ油/バター/塩/こしょう

かぼちゃとカリフラワーの
キッシュ風グラタン

甘みのあるかぼちゃやカリフラワーに、
卵と生クリームを合わせた、やさしい味。

◎作り方


耐熱皿の内側にサラダ油を薄く塗り、オーブンを200℃に温めはじめる。かぼちゃはわたと種を取り除き、長さ3cm、幅5mmのくし形に切る。カリフラワーは小房に分け、大きいものは縦2~3等分に切る。玉ねぎは2cm角に切る。ささ身は白い筋を取り、一口大のそぎ切りにする。


フライパンを中火で熱してバター大さじ1と1/2を溶かし、ささ身を入れて炒める。肉の表面の色が変わったら、かぼちゃ、カリフラワー、玉ねぎを加えて1~2分炒める。塩小さじ1/3、こしょう少々、水大さじ2をふって、洋風スープの素をほぐし入れて強火にし、水分をとばすように炒め合わせる。


ボールに卵を割りほぐし、残りの卵ソースの材料を加えて混ぜ合わせる。耐熱皿に2.を広げ入れて卵ソースを注ぎ、ピザ用チーズをふる。温めたオーブンに入れて5分ほど焼き、表面に焼き色がついたら、オーブンの温度を160℃に下げ、さらに20分ほど焼いて中まで火を通す。

[撮影:川浦 堅至 料理: 夏梅 美智子 作品提供/オレンジページフォト]

 
  • 今日がカリフラワーの日とは知りませんでした。

    (たぬきさん / 2013.1.25)

  • 今、野菜が高いから、冷凍のカリフラワーで試してみますね。この味付けならいいかも。

    (かりんさん / 2013.1.25)

  • カリフラワーのほっこり食感が好きです。又、違った食感のブロッコリーも好きなので、私的には南瓜の代わりにブロッコリーで作りたいです。

    (だーちゃんさん / 2013.1.25)

  • 何を隠そう私もカリフラワーが気になっていたのです。「生」でいただけるということを最近知ったものですから。「新鮮なもの」と書かれてありましたのでまだ試していませんが、スープやピクルス美味しそうですね。

    (月歩さん / 2013.1.25)

  • カリフラワーが夫人の名前から、ルイ15世が命名したとは知りませんでした、カリというからキャンサーみたいに癌のことと思ってました。今後は食するときにはルイ15世を思い出しながら食することにします。

    (デブさん / 2013.1.25)

  • かぼちゃが好きなので、美味しそうなのですが、カリフラワーが苦手です。

    (たっくんさん / 2013.1.25)

  • 寒い時期、ほっこり温まる料理は心もほっこりさせてくれます。是非このレシピを作って食べます。うまくできるかな?

    (山のタヌキさん / 2013.1.25)

  • 我が家の食卓も、昔はカリフラワー食べていたのに、いつの間にかブロッコリーオンリーです。妻に言わせると、「他の食材との彩りが良いでしょ」 。他の野菜より優れている栄養素が分かれば、復帰するのに。

    (湯太郎さん / 2013.1.25)

  • 最近、カリフラワーが売り場に少なくブロッコリーに比べてお値段が高いです。カリフラワーが大好きな私としては残念です。

    (月見草さん / 2013.1.25)

  • 私にもカリフラワーは遠い存在でした。ブロッコリーの方が断然好き!でも、カリフラワーのピクルス、スープ、グラタン美味しそうですね~。今度、見かけたらカリフラワー買ってみます。

    (ひびこさん / 2013.1.26)

  • かぼちゃがカレーみたいな色をしてきれいな感じです。カリフラワーと鶏肉で栄養も満点。ビールのおつまみとして最高だと思います。

    (トニーちゃんさん / 2013.1.30)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ