金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

かぶ

みずみずしい甘さがおいしい旬のかぶ。白い「根」はもちろん緑の葉・茎の部分も大活躍で、メインのおかずから汁物、香の物など、いろいろな料理に変身します。種類も様々で、全国には約80の品種があるんだそう。その品種分布を元にすると大きく傾向が東(西洋系)と西(東洋系)で2つに分かれることから、愛知から関ヶ原を通って福井を結ぶ分布境界線を「かぶらライン」と呼ぶんだそうです。

「かぶと海老だんごの
煮もの」

「かぶと海老だんごの煮もの」

レシピを見る

かぶが甘く
おいしい
季節です。

「カゼひきさんのメニュー」

なんだか背中がゾクッとする……
そんな体のサインを感じたら
まず何をしますか?

寒さが日ごと厳しくなって
カゼが大流行しているこの時期。
マスクにうがいに手洗いに
徹底しているつもりでも
魔の手はある日とつぜんやってきます。

そんなときは体を温めるものを食べて
早く寝るのがイチバン!

というわけで我が家の
カゼひきさん定番メニューは
生姜たっぷりの鶏挽肉を詰めたカブの煮物。

なかをくり抜いたカブに
レンコン、椎茸、ネギ、卵、生姜汁をくわえ
よく練った鶏挽肉を詰めて
お出汁でコトコト煮ます。

カブ菜は彩りもきれいなうえに美味しいから
細かく刻んで火を止める少し前に
ナベに散らすのも忘れずに。

手軽に作るならカブは4つくらいに切って、
鶏はお団子にして煮てもOK。
鶏の代わりに海老団子にしても美味しいですよ。

寒気に加えノドも痛くなってきたかな…
というときにも喉ごしのいいカブはもってこい。
そしてお出汁に葛でとろみをつければ
さらに口当たりもよく、体もポカポカに。

さいごに柚子の香りを添えれば
心もほっと和まされて
ゆっくり眠りにつける気がします。

カゼのひきはじめは、
体を休めるのが大事とわかっていても
休めないのが年末の忙しさ。

せめて長引かないように
美味しいごはんで体を温めて乗りきりましょう!

金麦スタイル 旬の便り

12月21日(金)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

かぶと海老だんごの煮もの

◎材料(4人分)

かぶ(小)
6個
海老(小)
250g
ねぎのみじん切り
大さじ3
しょうがの絞り汁
少々
青柚子の皮のすりおろし
少々
だし汁
2カップ

酒/しょうゆ(あれば薄口)/塩/みりん/片栗粉

かぶと海老だんごの煮もの

海老だんごのぷりっとした歯ごたえと、
かぶのとろりとした口当たりを楽しんで。

◎作り方


海老は殻をむいて背わたを取り、包丁で粘りが出るまで細かくたたく。ボウルに、海老のすり身を入れて、ねぎのみじん切り、しょうがの絞り汁と、酒大さじ1、しょうゆ、塩各少々、水大さじ4を加え、手でよく混ぜ合わせる。


かぶは茎を2cm残して葉を切り、皮をむいて縦4等分にする。水に5分ほどさらしてざっと混ぜ、茎の中の泥を落とす。


鍋にだし汁2カップを強火で煮立て、酒大さじ1、みりん、しょうゆ各大さじ2を加えて調味する。海老のすり身を水でぬらしたスプーンですくって、水でぬらした手のひらに当てながら丸く形を作り、鍋に落とし入れ、火をやや弱めてふたをして5~6分煮る。


かぶは塩少々を入れた熱湯に入れ、煮立ってきたら火を弱めて4~5分ゆでる。ざるに上げてゆで汁をきる。海老の鍋に加えてひと煮立ちさせ、さらに3分ほど煮含める。


片栗粉大さじ1を水大さじ2で溶いて、鍋に回し入れ、とろみをつけて器に盛る。粗い目のおろし金で表皮をかるくすりおろした柚子を散らす。

[撮影:尾田 学 料理:大庭英子 作品提供/オレンジページフォト]

 
  • かぶが美味しい時期なので一度試してみたいです。

    (さなさん / 2012.12.21)

  • かぶは早く煮えるので簡単に作れそうですね。

    (月見草さん / 2012.12.21)

  • さっぱりして、おいしそうですね!!!

    (ちかりんさん / 2012.12.21)

  • かぶとえびはやさしい味わいで、胃腸の弱りやすいこの時期にとても良いレシピです。

    (かりんさん / 2012.12.21)

  • 野菜の価格が高いので、年金生活の私でも作れる、そんなレシピを期待してます。

    (山文さん / 2012.12.21)

  • かぶは、おしんこがいちばん好き。

    (酔いどれ親父さん / 2012.12.21)

  • 癖が無く大好きなカブ。お漬物もいいし、私的には、摩り下ろして餡かけがこの時期は好きです。

    (だーちゃんさん / 2012.12.21)

  • かぶとエビだんごの煮物と聞くとおふくろの味を思い出します。小さい頃は、かぶ、白菜、だいこんの煮込みは、苦手でしたが、年を重ねるとおふくろの味を思い出してなんだか懐かしい気がします。風邪を引くとよく片栗やしょうが湯などを飲まされた気がします。この時期の風邪、インフルエンザには閉口します。

    (デブさん / 2012.12.21)

  • かぶは漬物か、三杯漬けにして食べていました。ほかの食べ方があるのは知っていましたが、作り方がわかりませんでした。エビ団子で試してみます。

    (晴天さん / 2012.12.21)

  • この時期にピッタリ。私も喉を痛め、さっそく実行!

    (なかよしさん / 2012.12.21)

  • カブは柔らかく美味しいですね。高齢者でも食べられるので、時々作ります。鶏で作っていましたが、今度はエビで作ってみたいです。

    (ひろさん / 2012.12.21)

  • 鶏ミンチであんを作って、生姜をきかせてあんかけにしても簡単でおいしいですよ。

    (おさん / 2012.12.21)

  • こんにちは。かぶ、大好きです。かぶは意外と早く煮えてくれるので便利ですよね。鶏団子、えび団子両方、挑戦したいです。さっぶい、外から帰ってきた人に出してあげたいです。お料理で大切な家族の体調を整えてあげたいです。

    (月歩さん / 2012.12.21)

  • 美味しそう、自分で作ってみよう。

    (ミイミイミイさん / 2012.12.22)

  • おいしい料理には、手間ひまが必要かも・・・。エビは、団子にする手間を惜しまないことかも・・・?

    (ぶらちゃんさん / 2012.12.22)

  • 先日、近くの道の駅でカブを購入し、カブとベーコン、セロリのコンソメスープ煮を作りました。カブは煮るととても柔らかくなって、優しい食感が大好きです。体も本当に温まりますね。

    (しろりんさん / 2012.12.22)

  • かぶのした触りの良さと、しょうがの香りが漂ってきそう。食いしん坊の私は、はふはふと言う音が聞こえてきそう。鶏挽肉をつかって作りさっそく頂きました。はふはふと。

    (あっかいピーマンさん / 2012.12.22)

  • さっそく主人が風邪をひいたので作ってみたいと思います。

    (マリリンさん / 2012.12.24)

  • かぶって風邪に強くなるんですね。海老とは、とてもよく合いそうです。柚子がポイントかなという感じがしました。

    (トニーちゃんさん / 2012.12.26)

  • いつもとろみがうまく出ません。なぜなんでしょう。。風邪をひいて食欲がない日にぜひともいただきたいです。

    (せり。さん / 2013.1.10)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ