金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

小松菜

東京都江戸川区小松川。この地名はその名のとおり小松菜の出身地。江戸時代からこの地で栽培され始めたと言われています。関東の食卓には昔からよく登場した冬の葉もの野菜の代表で、東京のお雑煮にも小松菜は欠かせません。ビタミンやミネラルのバランスがよく、また汁物にも炒め物にも、和風の味付けにもクリームやバターなど洋風の味付けにもよく合い、冬の食卓と身体を支えてくれる頼もしい野菜です。

「小松菜と豚肉の煮浸し」

「小松菜と豚肉の煮浸し」

レシピを見る

小松菜が
おいしい
季節です。

「愛の小松菜」

ある冬の日、ひょんなことで
腰を骨折してしまいました。

そんな重傷ははじめてのことで
たいへんなショックだったし、
まったく身動きがとれないというのに
ふしぎとお腹はすくんですよね。

当たり前のことだけれど
自分のカラダにびっくり。

でも食べることが大好きな私にとって
病院のごはんは少し味気ないものだったので
ここぞとばかりワガママ娘にもどり、
母に手料理を持ってきてもらっていました。

メニューに目新しいものはなく、
実家でいつも食べていたものばかり。
初めての入院で心細くなっていた私には
それがかえってうれしくて
しみじみと大事にいただきました。

そしてある日ふと気づいたのです。
なんか小松菜率高くない? って。

大好物の煮浸しは定番だけれど、
卵焼きにも、炒めものにも、
やたらと小松菜が入っています。

「あ、気づいちゃった?
だって小松菜はほうれん草の何倍も
カルシウムがあるんですって!
だから骨が早くくっつくかなぁと思って」と母。

ピンチは一見ものすごく不運に思うけれど、
いつもの当たり前にグッと焦点が絞られて
とっても大切なことに気づかせてもらえる
大きな贈りものなんだなって
そのとき知ることができました。

母にも、小松菜にも、骨折にも
感謝かんしゃ!なのです。

金麦スタイル 旬の便り

11月22日(金)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

小松菜と豚肉の煮浸し

◎材料(4人分)

小松菜
1わ(約300g)
しめじ
1パック
豚薄切り肉
100g

酒/みりん/しょうゆ(あれば薄口)

小松菜と豚肉の煮浸し

豚肉としめじのうまみがしみ出して美味。
小松菜は、下ゆでなしで、スピーディに。

◎作り方


小松菜は長さ4~5cmに切る。しめじは石づきを切り、小房にほぐす。豚肉は幅2cmに切る。


鍋に水1カップと豚肉を入れて強火にかけ、煮立ってきたら火を弱めてアクを取り、酒大さじ1、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ1と1/2で調味する。しめじ、小松菜を加え、しんなりするまでふたをして煮て、器に盛る。

[撮影:尾田 学 料理:大庭英子 作品提供/オレンジページフォト]

 
  • 懐かしく思う母の献立は、家族への愛情に満ちていたなあと、今回のお便りを読んで思い出しました。

    (プリンママさん / 2012.11.22)

  • スピーディ料理、助かる♪

    (ひらめのえんがわさん / 2012.11.22)

  • 小松菜は癖が無いから、どんな食材にもすんなり馴染んで美味しいですね。

    (だーちゃんさん / 2012.11.22)

  • 体にも優しい良いおかずです。

    (かりんさん / 2012.11.22)

  • 小松菜はあまり好きではないが、これはうまそう。

    (酔いどれ親父さん / 2012.11.22)

  • 簡単そう。でも食感も様々そうでおいしそう。

    (みっさんさん / 2012.11.22)

  • 私はまったく同じ材料を炒めていましたが、煮びたしもいいですね。そのほうが油を使わないし、健康にいいかも~。早速作ってみます。

    (パピママさん / 2012.11.22)

  • 旬のお野菜、体にも良いし、おいしそうですね!

    (ちかりんさん / 2012.11.22)

  • 器も渋いが小松菜と豚肉のお献立も渋い。あっさりが好きな私にとってはいくらでも食べれそう。これで金麦も進みそう。

    (デブさん / 2012.11.22)

  • 小松菜の煮浸し、いつも油揚げでしていました。それはそれでおいしいのですが、今度はこのレシピのように豚肉で作ってみます。豚肉のだしが出て、この上なくおいしいだろうなと思います。

    (ハナさん / 2012.11.22)

  • 我が家はお肉を入れないでよく作ります。

    (月見草さん / 2012.11.22)

  • とても簡単でおいしそう。栄養満点レシピ早速つくってみま~す。

    (大ママさん / 2012.11.22)

  • 東小松川で幼少期を過ごしたので、小松菜の話はとても懐かしかったです。

    (マシャさん / 2012.11.22)

  • "骨折に感謝"って笑ってしまいましたが、母の愛に感謝です。ありがたいですよね。

    (月歩さん / 2012.11.22)

  • 野菜のおひたし等は大好きなので、これもおいしそう。

    (イトウさん / 2012.11.22)

  • 美味しいです。豚肉と小松菜が相性がいいです。

    (はりきりママさん / 2012.11.22)

  • 我が家では、小松菜は寒いこの時期、レンジで加熱後何もつけずに食べることが好まれています。非常に甘いですし、産地により味が違います!

    (アホの子さん / 2012.11.22)

  • 早速、調理しました。美味しゅうございました。ご紹介、ありがとう。私はいつも、小松菜はすき焼き風です。小松菜、しめじたけ、しいたけと、牛肉をスライスして、甘辛く煮ます。

    (ゆっこさん / 2012.11.23)

  • ひょんなことで、腰の骨折なんて重傷なことでしょう!私は椎間板ヘルニアになり歩けなくなるほど痛みやしびれでひどかったので、ひょんなことにびっくり”です。

    (まあちゃんさん / 2012.11.23)

  • 骨折してしまったのは大変なことでしたが、お母さんの愛情がとても伝わってきました。1日も早くおけがが回復されるように!

    (しろりんさん / 2012.11.23)

  • 最近綺麗な小松菜が安い値段でスーパーに並んでいます。ごま油でさっと炒めて食べることが多かったのですが 美味しそうなので煮浸しを作ってみます。

    (つよしこさん / 2012.11.23)

  • 小松菜は油揚げ、きのこと煮びたしを作ります。豚肉を使ったことはなかったので作ってみたいです。だし汁を使わなくていいみたいですのでお手軽ですね。

    (チエコママさん / 2012.11.23)

  • 家庭菜園で小松菜を育てていますが、いつも調理方法に困っていますので、参考になります。

    (Q太郎さん / 2012.11.23)

  • 小松菜のいわれを初めて知りました。小松菜はカルシウムが多いことも知りませんでした。本当にいい野菜なので、一度料理をしてみたいと思います。

    (高千穂の雲海さん / 2012.11.24)

  • 書き忘れましたので、追加です。後で気づいたんですが、タイトルの「愛の小松菜」という表現が特に気に入りました。いい表現ですね。

    (高千穂の雲海さん / 2012.11.24)

  • とっても簡単そうで、おやじにもできる「酒の肴」レシピに入れておきます。食べるときには、七味ごまをかけて、ピリ辛に!

    (ぶらちゃんさん / 2012.11.24)

  • 早速作ってみました。とても美味しかったです。

    (トマトさん / 2012.11.25)

  • 毎回楽しみに拝見させていただいています。骨折で入院って聞き驚きました。身体をご自愛くださいませ。小松菜、随分食べていませんので、このレシピどおりに作って食べてみたいと思いました。(我が家の小松菜は油揚げとお出汁で煮ます。)カルシウム大切ですね。

    (ほのママさん / 2012.11.25)

  • 煮漬しは、野菜を上手に食べれる方法です。大変おいしそうですね。豚肉を入れることがアクセントになっていると思います。

    (トニーちゃんさん / 2012.11.29)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ