金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

十三夜

秋の収穫に感謝しながら月を愛でる風習「お月見」は、十五夜だけではありません。この頃に収穫される作物の名を冠して「豆名月」まめめいげつ 「栗名月」くりめいげつと呼ばれます。もともと、十五夜の月見と対の風習で、十五夜に月見をして十三夜にしないと「片月見」かたつきみと言って嫌われていたそう。そうとあっては、十三夜にもお月見をしないわけにはいきませんね。お伴は、栗や豆の料理で。

「中華風栗おこわ」

「中華風栗おこわ」

レシピを見る

十月二十七日は、
もうひとつの名月、
十三夜じゅうさんやです。

「花より団子、月より栗」

夜中にふと目が覚め、
青白くひかるカーテンをめくると
遠くに白くぼんやりとした輪郭の
満月がうかんでいました。

背の高い木々が黒いシルエットになり
辺りは深いブルーに包まれて、
そこはまるで古い童話のワンシーンのよう。

これは先日旅したイタリアでの
夜更けのこと。
どこかに迷いこんでしまったような怖さと、
凛とした空気の美しさが印象的な夜でした。

ヨーロッパでは日本の十五夜を「収穫月」、
その翌月の十三夜を「狩猟月」と呼び
お祝いするのだとか。

満月は国も時代もこえて
多くの人に愛されていますね。

その十五夜と十三夜ですが、日本では
どちらかだけを見るのは縁起が悪いとされたことから
かつては十五夜のお誘いを受けたら、
自動的に十三夜も、ということになっていたそう。

ちょっとうれしい習わしですよね。
いにしえの方々はその1カ月
どんな心持ちで過ごしたのかしら…。
雅なお話だし、これはいまも使えるいい手かも?(笑)

それにしても日本人は風情たっぷりの月見にも
食材を冠して命名してしまうというのが
なんとも親しみやすいというか、
根っからの食いしん坊?

十三夜の別名は栗名月、もしくは豆名月。
花より団子、月より栗?
名月を味わいながら旬を味わうというのも
趣きがあるというものですね。

十三夜には手作りの栗おこわで
大切なひとと月見を愉しんでみてはいかがですか?

金麦スタイル 旬の便り

10月26日(金)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

中華風栗おこわ

◎材料(4人分)

2と1/2合
もち米
1/2合
むき栗(生)
200g
市販の焼き豚(かたまり)
120g
生しいたけ
1パック(6~8個)
にんじん
1/3本(約60g)
オイスターソース
大さじ1と1/2
鶏ガラスープの素(顆粒)
小さじ1

酒/塩/ごま油

中華風栗おこわ

人気の栗おこわをオイスターソースの風味をきかせて、
こくのある中華風に。

◎作り方


米ともち米は別々にといでから同じざるに上げ、水けをきる。焼き豚は1.5cm角に切る。しいたけは軸を切り、ペーパータオルで汚れを拭いてから1.5cm四方に切る。にんじんは皮をむき、1cm角に切る。


炊飯器の内がまに米、もち米、オイスターソース大さじ1と1/2、鶏ガラスープの素小さじ1、酒大さじ2、塩小さじ2/3、ごま油小さじ1と1/2、水510mlを入れてひと混ぜし、栗、焼き豚、しいたけ、にんじんをのせて炊く。炊き上がったら5分ほど蒸らし、全体をさっくりと混ぜて器に盛る。

●皮のついた栗を使う場合
1. 栗は約300g用意する。ぬるま湯に5分ほどつけ、鬼皮(外側の堅い皮)を柔らかくする。包丁で底の部分を切り落とし、底から先端に向かって引くようにして鬼皮をむく。
2. 渋皮(内側の柔らかい皮)をむき、縦半分に切って水に10分ほどさらす。

[撮影:対馬 一次 料理:渡邊 純子 作品提供/オレンジページフォト]

 
  • 旬の栗を大きく使って、ホクホク感と甘みを味わえるのは贅沢だと思う。

    (ぱんだもちさん / 2012.10.26)

  • 旬の栗は、色んな素材と合うし、ご飯としても、お菓子作りとしても、ただ焼き栗としても、味わい深いし楽しいので、秋の夜長は月を見ながら、栗三昧。

    (るりさん / 2012.10.26)

  • 月を愛でる日本人の繊細な情緒性が十五夜、十三夜。秋の夜長を慈しむ姿を偲びます。

    (だーちゃんさん / 2012.10.26)

  • いつもは栗おこわだけど、目先が変わって作ってみようと思った。

    (いーねさん / 2012.10.26)

  • 秋深しですね。

    (サイの角さん / 2012.10.26)

  • いつもお仕事ご苦労様です!!栗ご飯おいしそうですね!!こんなご飯類が冷凍食品で売っていればなんて思いますね!!松茸ご飯、鯛ご飯、きのこご飯、山菜ご飯、他いろいろレンジでチンするだけで、本格的な炊き込みご飯を!!誰か作ってください!!炊かなくていいから、バカ売れ間違い無しです!!

    (天才サザエボンさん / 2012.10.26)

  • 中華おこわはオイスターソースを使えばいいんですね。栗は焼いて皮をおとしてちょっと香ばしく?して栗ご飯にしています。

    (ひろさん / 2012.10.26)

  • 中華ちまきのようで美味しそうと思います。私の母は最近「栗おこわ」を作ってくれて、美味しくいただきました。

    (ほっこりーナさん / 2012.10.26)

  • くり大好き。

    (MKさん / 2012.10.28)

  • 十三夜があるなんて知りませんでした。夜空を見上げましたが残念でした。私は空を眺めるのが大好きです。

    (月歩さん / 2012.10.29)

  • しょっぱさの中に栗というまろやかな食材を入れて、上手くまとめていると思います。季節の食材ということで食べてみたいと思います。

    (トニーちゃんさん / 2012.10.30)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ