金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

立夏

世間はちょうどゴールデンウィーク。「夏が立つ」と書いて夏が始まる日です。出かければ、晴れた空に輝く太陽がそれを知らせてくれます。この日から秋分までを夏としますが、特に立夏初候は「蛙始鳴 かわずはじめてなく 」と表し、田んぼではカエルの合唱が聞こえてくるころです。気温がぐんとあがって、生き物たちも活発に動き出すのです。

「野菜ちまき」

「野菜ちまき」

レシピを見る

五月五日は、立夏りっか
緑が繁りカエルが鳴き、
いよいよ夏の到来です。

「立夏」

日本では立夏をすぎた頃から
全国各地で田植えがはじまります。

昔から稲は神聖な食べ物だったので、
田植えは神さまに祈りを捧げる神事。
いまもそれは受け継がれているのです。

ある島を旅していたとき、
私は遠くに太鼓の音を聞きました。
ドンドンドン、ドンドコドン……。
街がすっかり静かになった夜更けのことです。

気になってその音の方へと行ってみると
おじさんたちが神妙な面持ちで
なにやら舞の練習をしているではありませんか。

開け放たれた小屋は蛍光灯で照らされ
そこだけが闇夜に浮かび上がっているようです。

太鼓の音にあわせて無言で動きをあわせる
おじさんたちに思わず見入っていると、
ふいに島の若者たちがやってきて、
「これは昔から伝わる五穀豊穣の舞いなんです」
といってその輪に加わっていきました。

おじさんたちに指導され、
まっすぐな瞳で舞いはじめる茶髪の男子たち。
その姿はなんとも誇り高く、時代を超えて
祈りを捧げるひとの謙虚な美しさがありました。

この季節、ちょっと街をはなれると
車窓には鮮やかな緑の田んぼがあちこちに見られます。
そんなとき、ふと島で見た光景がかさなり、
昔からあった大事なことを
私たちは忘れがちだなぁと思い出します。
私たちはいろんなものに生かされているなぁ、と。

初夏のまっ青な空と、田んぼの生き生きとした緑。
その恵みにしみじみうれしくなるのです。

金麦スタイル 旬の便り

5月2日(金)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

野菜ちまき

◎材料(8個分)

もち米
2と1/2カップ
鶏もも肉
150g
干ししいたけ
3個
たけのこの水煮(小)
50g
にんじん(中)
1/2本
れんこん
1/4節(50g)
かぼちゃ
50g
ごぼう
1/3本
しめじ
1/2パック
ぎんなん(缶詰)
1缶(55g)
下味用調味料
 
しょうゆ
大さじ1
大さじ1
砂糖
小さじ2
オイスターソース
小さじ2
こしょう
少々
合わせ調味料
 
しょうゆ
大さじ2
大さじ2
砂糖
大さじ1
小さじ1
サラダ油
大さじ3
竹の皮
8枚
たこ糸
適宜

野菜ちまき

◎作り方


前日の夜に下準備する。もち米はよく洗い、水につけておく。干ししいたけは水につけてもどし、鶏肉は1.5cm角くらいに切って、下味用の調味料をからめておく。


もち米はざるに上げて水けをきる。鶏肉は下味の汁けをしっかり絞り、漬け汁はとっておく。ボールに合わせ調味料の材料を入れて、干ししいたけのもどし汁、鶏肉の漬け汁を加え、2と1/2カップになるよう水をたしてスープを作る。干ししいたけは軸を切って1cm角に切る。たけのこは小さめの乱切りにする。にんじん、れんこんは皮をむき、ごぼうは皮をこそげ落とし、それぞれたけのこと同じくらいの大きさの乱切りにする。かぼちゃは皮つきのまま乱切りにする。しめじは石づきを切って小房に分ける。ぎんなんは水けをきる。


中華鍋を強火で熱し、サラダ油を入れて全体になじませる。鶏肉をかるく焦げ目がつくまで炒め、残りの具を加えて炒める。全体に油がなじんだらもち米を加えて炒め合わせる。


もち米が半透明になったら弱めの中火にし、スープをおたま1杯分鍋肌から回し入れる。もち米が汁けを吸ったらもう1杯回し入れ、ときどき焦げないように底からすくい上げながら、もち米がスープを全量吸うまで繰り返す。汁けがなくなったら火を止め、バットなどに広げて粗熱を取る。


竹の皮は熱湯で5分ほどゆでて、水にとる。竹の皮でじょうごを作り、もち米と具を1/8量ずつ詰めて包む。蒸し器で30~40分、強火で蒸す。

[撮影:青山 紀子 料理:佐藤 幸男 作品提供/オレンジページフォト]

 
  • 自分で作ることはできないので読むだけですが、面白いと思いました。

    (猫七匹さん / 2012.5.3)

  • もち米と野菜各種のちまき最高ですネ!!しっかりの味付けも良さそうです!! 絶対食べたいです。

    (あにき22さん / 2012.5.8)

  • 作りやすそうで是非作ってみたい。旬の味いただきたいです。

    (ちえちゃんさん / 2012.5.9)

  • とても美味しそうで、一度やってみようかと思います。

    (かぐやひめさん / 2012.5.9)

  • ちまき美味しそうです。作りたくなりました★想像するだけで幸せ!ビールと一緒にが最高ですね!

    (たかよさん / 2012.5.28)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ