金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

富士山の日

日本の象徴、富士山。その優美な姿を、古くから日本人は愛してきました。また、さまざまないのちが息づく富士山の森は学術的にも注目されています。そんな富士山を有する静岡県が、この山の理解を深めてもらうために制定したのが富士山の日。もうひとつの“富士山県”である山梨県とともに制定した「富士山憲章」には、その美しさを後世に伝えていくことが謳われています。

二月二十三日は、
「ふ(2)じ(2)さん(3)」の日。
日本のシンボルである富士山に、
改めて思いを寄せてみませんか?

「富士山とエッフェル塔」

パリに滞在していたときのこと。
友人を介して素敵なおばあちゃんと出会い
夕食に招待してもらいました。

「うちは小さな部屋だけど、
とても気に入っているのよ。
そのヒミツは来てからのお楽しみね!」

そして時間を気にしないフランス人らしからぬことに
「この時間にはきっと来てちょうだい!」
と念を押したのです。

そんなわけで時間きっかりにチャイムを鳴らしました。
「ボンソワ!いいタイミングね。
さあ窓辺の特等席へどうぞ!」

導かれるまま期待を胸に窓辺へと進むと、
そこから見えたのは古びた屋根ばかり……。
特等席??と思ったそのとき、
目のはじにピカッと光るものが!

暮れかけたピンク色の空のした、
小指の先ほどの小さなエッフェル塔が
パチパチキラキラと金色に輝きだしたのです。

しばしその美しさに見とれながら
私のアタマに浮かんだのは富士山でした。

やはり同じ夕暮れ時、電車の窓を眺めていると
オレンジ色に染まった空の向こうに
その光を背負ってふと現れる小さな富士山の影。
派手さはないけれど、その美しさは圧倒的です。

フランスの華やかなエッフェル塔と、
日本の潔く端正な富士山。
その美しさは対象的だけれど、どちらも
日常をふと俯瞰させてくれるような光を感じます。

あれから夕暮れ空に富士山を見つけると私は
パリジェンヌのおばあちゃんと
小さな塔のことをふいに思い出すのです。

金麦スタイル 旬の便り

2月17日(金)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

 
  • 富士山で223って良い語呂合わせですね!

    (ミッズさん / 2012.2.17)

  • 富士山と桜きれいですね。

    (フビライさん / 2012.2.17)

  • 小学校6年の時、富士山に登りました。頂上から御来光を見ました。その時の感激は50年が過ぎた今でもはっきりと記憶にあります。定年を迎え、もう一度チャレンジができればと思います。

    (アキボさん / 2012.2.17)

  • 2月23日がふじさんの日とは知りませんでした。ついでに11月23日をいいふじの日にしたら面白いかも。11月は秋の紅葉の季節で空も青く澄みわたって富士山も綺麗でしょうね。

    (尼の政ちゃんさん / 2012.2.17)

  • 富士山の日があるとは知りませんでした。世界遺産登録の近道として活動できることを期待しています。

    (たぬきさん / 2012.2.17)

  • 寒い日が続いています。日本海側では大雪です。今年は本当に春が待ち遠しいですね。日本経済の落ち込みがひどかったですが春の到来と同時によくなったらいいですね。

    (月見草さん / 2012.2.17)

  • 富士山の日でなくとも静岡県人なら毎日が富士山の日雪が積もった・減った・雲がかかった・・・大好きな富士山です。

    (ひろさん / 2012.2.17)

  • 素敵なお話ですね。きどらないフランス人のおもてなしあったかい気持ちになりました。

    (みこさん / 2012.2.19)

  • 素敵なおはなしです。日本人はやはり富士山と切っても切れない仲と思っています。大きくなって飛行機の窓から初めてみた富士山には感動しました。ラッキーだと心底思いました。

    (ゆうこさん / 2012.2.20)

  • 2月、3月、4月の富士山には梅も似合うが、桜も良く似合う。

    (世の中のリフォーム屋さん / 2012.2.23)

  • いまだ征服できず、訓練中。

    (ぼびたんさん / 2012.2.24)

  • 富士山 いいなー。

    (シピーさん / 2012.2.26)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ