金麦スタイル トップ > 旬の便り

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

大寒

1年を24等分し、それぞれの日に季節を表す名称をつけたものが二十四節気。冬至や春分など、私たちの生活にもなじみ深い暦です。1月20日頃の大寒から節分までの約半月は一年で最も寒さの厳しい時期。この寒さのなか、冷水で身を清める「大寒みそぎ」や、心身を鍛える「寒稽古かんげいこ」などが行われます。みなさんも春に向けて、心身をすっきり浄化してみてはいかがですか?

大寒は文字通り、
一年のうちで
最も寒さの厳しい時。
節分までの
約半月を乗り越えれば、
春はもうすぐそこです。

欵冬華ふきのはなさく

「欵冬華(ふきのはなさく)」。
二十四節気をさらに三等分した七十二候で
「大寒」の項をみると最初に記されているのがこれ。

ふきのとうが地中から出てくるころ、という意味です。
こんなに寒いのに、すでに大地では
春の準備が着々と進んでいるのかと思うと
ちょっとうれしいですね。

でも実際、朝は布団から離れがたい寒さ……。
寝るまえに布団にしのばせた湯たんぽを抱きしめ、
エイヤッと気合いを入れて飛び起きます。

昔から眠るときの湯たんぽは定番だったけれど
我が家では最近、昼間でも
湯たんぽが大活躍なのです。

まず湯たんぽが入るくらいの箱を用意します。
(小さな段ボール箱など)
そして箱の底にタオルを敷き、
その上に湯たんぽを置き、足をそっと載せます。
さらにその上からひざ掛けをかければ
ポカポカのミニこたつのできあがり。

長い時間、机に向かって座っていると
体の先から冷えてきますからね。
足のうらから温まると
まるで半身浴をしているみたいに気持ちがよく
おかげで仕事もはかどります。

しかも電気もいらないし
意外とずっと温かいんですよ。

足のうらで大地の春をイメージしながら
体をしっかり温めて
この寒さを乗り越えたいですね。

金麦スタイル 旬の便り

1月20日(金)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

 
  • ふきのはなさくってとてもいい言葉ですね。こんなに寒いのに春が確実に近づいていることを表していますね。でも漢字が難しすぎて読めませんし、書けませんねぇ。残念!

    (半夏生さん / 2012.1.21)

  • 庭に山茶花が赤と白が咲き南天も赤い実をつけ、白い雪にはえます。家の中ではシクラメンやシャコバサボテンが咲くと冬なのにほっとさせてくれ和みます。そして寒い冬を忘れさせたり確認させたりしてくれます。

    (冬の花さん / 2012.1.24)

  • 足元から温めてたら風邪ひかなくて良さそうですね。エコにもなるしさっそくやってみよ~っと。

    (だるまさんがころんださん / 2012.1.28)

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ