金麦スタイル トップ > 旬の便り

旬の便り

レシピ

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

11月25日(金) 春菊

「春菊とであう」

日に日に冬の気配が近づいて
お鍋が恋しい季節になってきました。

みんな大好きなお鍋ですが、
人が集まればその数だけルールがあって
おもしろいですよね。

たとえばすき焼きなんかもそう。
お肉は鶏、豚、牛なんでもありだし、
割り下の好みも、卵ひとつとっても意見はさまざま…。

でもそのなかで未知との遭遇、すなわち
いい出会いもあるわけです。

私の家では、すき焼きの葉物というとネギでした。
ネギは葉物とはちょっと違いますよね…。
これは葉物を入れると割り下が薄まって旨くない!
という父の言い分から
我が家ではそういう風になったようなのです。

もちろん私はそれしか知らずに育ったので疑問も感じず、
山盛りのネギをもりもり食べて満足していました。
(はじめに牛脂で焦げ目をつけたネギは絶品なのでした!)

しかし、出会ってしまったのです。
それは学生の頃、友人の実家でいただいたすき焼きに
ワサワサ入っていた青々とした春菊!

独特の苦みが甘辛の割り下とベストマッチなうえ、
新鮮な茎のシャキッとした心地いい歯ごたえ…。
それまで注目していなかった春菊に
スポットライトがあたった瞬間でした。

でも春菊ってけっこうレシピがワンパターンになりがち。
新しい出会いを求めるなら、ちょっと変化をつけて
かき揚げなんておつまみにいかがですか?

春菊とじゃこのかき揚げ

春菊とじゃこのかき揚げ

じゃこのうまみのきいたかき揚げは、
おべんとうにも。

◎材料(4人分)

春菊
1わ(250g)
ちりめんじゃこ
50g
玉ねぎ
1/2個
1個
小麦粉
2/3カップ強
小さじ1/3
レモンの半月切り
少々
揚げ油
適宜

◎作り方


春菊は葉と茎に分け、茎は小さく斜め切りにする。玉ねぎは薄切りにする。


計量カップに卵を溶きほぐし、2/3カップになるように冷水を加えてボールに入れる。小麦粉2/3カップを入れてさっくりと混ぜ、ころもを作る。


ボールに春菊、ちりめんじゃこ、玉ねぎを入れ、小麦粉少々をふってさっとひと混ぜする。ころもを様子をみながら加え、全体にからまる程度にざっと混ぜる。


揚げ油を中温(残ったころもを数滴落とすと、鍋底近くまで沈んで浮き上がってくる程度)に熱する。たねを木べらですくって菜箸などで油に落とし、両面がカリッとするまで揚げる。油をきって器に盛り、レモンの半月切りを添える。塩をつけていただく。

[撮影:青山 紀子 料理:大庭 英子 作品提供/オレンジページフォト]

  • 春菊が苦手な私でも、玉ねぎの甘みとじゃこの香りのよさで、おいしく食べられそう…。是非作ってみます!

    (ままトマトさん / 2011.11.27)

  • 春菊と言ったら鍋しか思い浮かばなかったですが、かき揚げ美味しそうです。じゃこもあるし、早速作ってみたいです。

    (よしことさん / 2011.11.29)

  • 春菊が大好きなんですけど、いつも鍋物やサラダにすることが多くて揚げ物は手間が掛かったり失敗することが多いので疎遠がちです。でもこのレシピの写真を見たらすごく美味しそうで作ってみたくなりました!!今丁度冷蔵庫に春菊があるので今晩作ってみようと思います!

    (しのママさん / 2011.12.1)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ