金麦スタイル トップ > 旬の便り

旬の便り

レシピ

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

9月30日(金) 栗

「夜長には手間をかけて」

昔から女性の大好物をならべて
「芋栗なんきん」なんていいますよね。
この季節はそれがいっせいに揃ってしまうから
甘い誘惑と戦うのもなかなか大変です。

私が毎年とくに楽しみにしているのは
岐阜県恵那市や中津川市で作られる栗きんとん。
おせち料理のそれとちがって、
水を加えず、新鮮な栗と砂糖だけで炊きあげ
茶巾絞りにしてある上品な和菓子です。

わが家はみんなその栗きんとんのファンなので、
家でその味を再現するのに大奮闘したことがありました。
試作をくり返し、いいところまで行ったのだけど
炊き上げたたくさんの栗を漉すのがかなりの重労働で
これはプロにおまかせしたほうがいいね、
という結論に(笑)

でも秋の定番、栗ごはんはいまも健在です。
かたい鬼皮をむいたり、渋皮をとったりするのは
ちょっと大変だけれど、
おいしいものの下ごしらえをしながら
のんびり過ごす秋の夜長もいいものです。

手間をかけたごはんを作ると
やっぱり誰かに食べてもらいたくなりますよね。
友だちを誘って「秋の芋栗なんきんパーティー!」
なんていいかもしれないなぁ。

栗ご飯

栗ご飯

ごろごろっと切った栗をほっくり煮上げて。
うまみだしの鶏肉がご飯にしっかり味をつけます。

◎材料(4人分)

3合(540cc)
鶏胸肉
1枚(約250g)
500g
ぎんなんの水煮
約20粒
大さじ2
小さじ2/3
砂糖
小さじ2
しょうゆ
小さじ1

◎作り方


米はといで炊飯器に入れ、酒と水2と2/3カップを加えて1時間ほどおく。


栗は鍋に入れ、ひたひたの水を加えて強火にかける。沸騰したら中火にして3分ゆで、ざるに上げる。粗熱が取れたら、底のほうに包丁の根元で前と後ろの2カ所に切り目を入れ、鬼皮(外側の堅い皮)をはがすようにむく。さらに、渋皮(内側の薄い皮)をむき、縦半分に切る。


鶏肉は余分な脂を取り、食べやすい大きさに切ってボールに入れ、しょうゆをからめる。


米に、塩、砂糖を加えて混ぜ合わせる。栗、ぎんなん、鶏肉を広げて入れ、スイッチを入れる。炊き上がったら上下を大きく混ぜ返す。

[撮影:榎本 修 料理:樋口 秀子 作品提供/オレンジページフォト]

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ