金麦スタイル トップ > 旬の便り

旬の便り

レシピ

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

9月16日(金) さつまいも

「はじめての焼きいも」

大学いも、干し芋、芋けんぴ、スイートポテト…
あげだしたらキリがないほど
子どものころからさつまいものおやつが大好きでした。

もちろんいまでも目がないので
だんだん秋が深まって北風が吹き始めると、
あの高らかな声の誘惑にクラクラさせられるのです。
そう石焼きいもです。

たしかはじめて自分のお金で買ったのは
ある秋の夜、塾からの帰り道でした。
買い方もわからなかったけれど、
とにかく食べたかったので「1本ください」というと
言い渡されたのは、持っていたお金では買えない値段!
はずかしいのと、でも食べたいので
真っ赤になってその場に立ちつくしてしまいました。

すると困ってしまったようにおじさんは
「女の子だからこんなに大きいのは食べられないよな。
きっとこっちのがいいよ」
とほんの少し小さいのを取り出して、
さっきの半分の値段で売ってくれたのです。

ホクホクに温かい焼きいもを抱えて
家に着いたときの母のびっくりした顔といったら。
おじさんのやさしさと、はじめて自分で買ったうれしさで
ニヤニヤしながらかぶりついた石焼きいも。
いつもより格別においしかったのを
この季節になるといまも思い出すのです。

さつまいもと昆布の甘辛煮

さつまいもと昆布の甘辛煮

昆布のうまみを含んださつまいもがなんとも美味。
火を止めたあとふたをし、しばらくおくと味がなじみます。

◎材料(4人分)

さつまいも(中)
2本(約450g)
切り昆布
20g(または早煮昆布15cm)

塩/酒/みりん/砂糖/こしょう

◎作り方


切り昆布はさっと洗って鍋に入れ、水3カップを加えておく(早煮昆布を使う場合は、鍋の水に30分ほどつけて戻し、細切りにする)。


さつまいもはよく洗い、皮がついたまま厚さ2cmの輪切りにする。煮くずれないように、切り口の角を削るようにむいて面取りをし、塩少々を加えた水にさらしておく。


1.の鍋にさつまいもを水けをきって加え、強火にかける。煮立ったら中火にしてアクを取り除き、落としぶた(なければアルミホイル、またはオーブン用シートを鍋の口径よりひとまわり小さく切り、中心に穴をあけても)をして3~4分煮る。


落としぶたを取り、酒、みりん、砂糖各大さじ2を加えて混ぜ、再び落としぶたをして3~4分煮る。落としぶたを取ってしょうゆ大さじ2と1/2~3を回し入れ、再び落としぶたをして汁けがほぼなくなるまで煮る。

[撮影:対馬 一次 料理:大久保 恵子 作品提供/オレンジページフォト]

  • なんておいしそうなんでしょう。今すぐにでも、作って食べたいです。旬の物は本当に何でもおいしいし、食欲も出てきて益々食べたいばかりです。

    (ゆきちゃんさん / 2011.9.19)

  • さつまいもが沢山有るので早速作って見ます。

    (よしことさん / 2011.9.20)

  • 大学芋は頭が疲れた時に食べると、ほっとする(からだがよろこぶ)。

    (やすさん / 2011.9.20)

  • 10年前に亡くなった母の得意料理でした。昆布の味がアクセントになり、次々と食べていたのを思い出す。亡くなる前に”何がいちばんおいしかった?”と、聞かれた。まだ、死んでほしくなかったので冷たい事を言ってしまった。今でも反省。残念でたまらない。この料理を言っとけばよかったのにと思う。

    (やす51さん / 2011.9.20)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ