金麦スタイル トップ > 旬の便り

旬の便り

レシピ

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

5月20日(金) 初鰹

「豪快な初夏の味」

「これからわらで焼きますからね、
すぐだから見てってくださいね」
はっぴを着たおじさんが
目をキラキラさせながら腕まくりをはじめました。
これは以前、仕事で訪ねた高知の旅館でのこと。
スケジュールが詰まっていて
初鰹のことなんてまったく意識になかったから
なんともうれしいサプライズでした。

おじさんが準備したわらに火をつけると
見る見る間に火は勢いを増し、
金串を刺した立派な鰹の皮を焼いていきます。
モウモウと燃え上がるなか、パチパチと皮が色づき、
香ばしい香りがお腹を鳴らしました。

おじさんは職人の目つきでタイミングをはかって
用意した氷水に鰹を突っこみ、一気に冷やします。
なんとも豪快!豪傑土佐っ子ここにあり!

そして贅沢にも厚めに切って
薬味はたっぷりと主役の鰹が見えないくらいに!
私は初めてだったのだけど、
薄切りの玉ねぎもびっくりするくらい山盛りに乗せるんです。
これがまた美味しいのなんの。(きっと新玉ねぎですよ!)

鰹のたたきって、こんな風に野菜もいっしょに
たくさん食べられるからサラダ感覚でもいけるし、
もちろん金麦のおつまみにもぴったり。
そして何より手軽なのがうれしいですよね。
忙しい夜の食卓が豪華に見える裏技メニューです。

かつおの洋風たたき

かつおの洋風たたき

かつおをフライパンで焼きつけるだけの、簡単たたき。
たっぷりの玉ねぎといっしょにいただきます。

◎材料(2人分)


(2人分)

かつお(刺し身用)
1さく(約300g)
新玉ねぎ(なければ玉ねぎ・小)
1と1/2個
クレソン
1/2束
にんにく(大)
2かけ
ソース
 
粒マスタード
小さじ2
レモンの絞り汁
大さじ2
オリーブオイル
大さじ2
しょうゆ
大さじ1
小さじ1/4
好みでこしょう
少々
オリーブオイル
大さじ1

◎作り方

下準備:

玉ねぎは縦半分に切り、あればスライサーで薄切りにする。水にさっとさらして水けをきり、さらにペーパータオルで水けをよく取る。クレソンは葉を摘む。にんにくは横に薄切りにし、しんを取る。器にソースの材料を入れ、混ぜ合わせる。

作り方:


フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱めの中火で熱する。にんにくが色づくまでゆっくりと炒め、油を残してにんにくを取り出す。フライパンを再び中火にかけてかつおを入れ、表面を1分ずつ焼いて取り出す。


かつおを厚さ1cmに切って器に盛り、玉ねぎとクレソンをのせる。炒めたにんにくを散らし、ソースを回しかける。

[撮影:対馬 一次 料理:渡邊 純子 作品提供/オレンジページフォト]

  • 我が家では初カツオは生でと決まっています。叩きにするのはいくらか季節が過ぎてからのこと。シソ、生姜とニンニクであっさりと毎年楽しんでいます。カツオの下にはキュウリの千切りや生ワカメ等を敷きビタミン等の補給も考えます。

    (さららさん / 2011.5.20)

  • 今度、ホームパーティをするのに大変参考になりました。是非、初鰹を手に入れて、レシピ参考に1品に加えたいと思います。

    (みぃこさん / 2011.5.21)

  • 鰹とニンニクをフライパンで炒めるの大好きです。炒めてる時の音、香りも良いし、食感もメチャ、ビールに合いますよね。

    (よしおさん / 2011.5.22)

  • かつおのたたきはたまに食べるのですが、洋風は初めてなので、今度ぜひ作ってみたいです。

    (みんとさん / 2011.5.26)

平澤 まりこ

文・平澤 まりこ

プロフィール

pick up contents

  • 特集
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント

ページの先頭へ