金麦スタイル トップ > 金麦セレクション

天然蜂蜜入り酢漬けらっきょう

金麦セレクション

金麦セレクション 全国各地にある名産品の数々。毎日の生活を豊かにしてくれる逸品を、その地の歴史と風土を交えて紹介します。

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ
 

「らっきょう作りはどれだけ手間をかけられるかが勝負。手を抜けば自分たちに跳ね返ってくるけど、手をかければそのぶんしっかりと応えてくれる」

  • 砂地が育む美味しい
    らっきょう

    東西に16km、南北に2kmにもおよぶ砂の丘「鳥取砂丘」は、いわずもがな鳥取県のシンボルです。東京ドーム117個がすっぽり収まると言えば、その広大さが伝わることでしょう。風雨が生み出す風紋や砂簾されんは、まさに自然の美。多くの人がこの砂丘に魅了されるのも、常に変化し続けるという砂ならではの特性があるからなのかもしれません。

  • 今回はそんな鳥取県の名産物のひとつ、らっきょうが主役です。足を運んだのは東伯郡北栄町にある田中農園。らっきょうと言えば甘酢漬けや塩漬けが一般的ですが、田中農園では甘酢にハチミツを加えた、ちょっと珍しいらっきょう漬けを作っているのです。農園は田中則幸さん・智恵子さんご夫婦が先頭に立って切り盛りしています。

  • 「8月に植え付けをし、翌年の5~6月頃に収穫を行うんですよ」。砂地に植えられたらっきょうを見ながら、そう話してくれたのはご主人の則幸さん。鳥取がらっきょうの名産地になったルーツは江戸時代にまで遡り、参勤交代の付き人が江戸から持ち帰ったのがはじまりだそう。砂地に強いというらっきょうの特性が鳥取の土壌にマッチし、いまや一大産地にまで成長したのです。

  • 田中さんご夫婦のらっきょう作りのこだわりのひとつは、農薬や化学肥料をなるべく使わない「特別栽培」という育て方にあります。「鶏糞や油粕といった有機質肥料は、化学肥料に比べて効果がゆっくり。除草剤も使わないので草抜きの作業も大変です。でもそうしたひと手間をかけることで、安全でなおかつ歯ごたえのある美味しいらっきょうができるんです」

  • 手間暇かかるらっきょう作り

    植え付けや収穫はすべて手作業で行います。中でも植え付け時期である8月はとにかく大変だと則幸さん。「太陽で60℃以上にまで熱せられた砂の中に苗を植えるんです。らっきょう農家の間では『ヨメ殺し』なんて言葉があるほど(笑)」。らっきょうは秋になるとそんな作り手たちの苦労をねぎらってか、紫色の小さな花を無数に咲かせるのです。

  • 天然蜂蜜入り酢漬けらっきょうに使われているのは「らくだ」という品種。収穫された中から小ぶりなものだけを選んで、すぐに根と葉を切り分ける作業がはじまります。「小さい方が実が引き締まっておいしいんです」とは奥さんの智恵子さん。瓶詰めしたときの美しさをイメージしながら作業をすすめるのがポイントなのだそう。

  • 小さいブラシがたくさんついた専用の皮むき機で、らっきょうの外皮を剥きます。砂と外皮が見る見るうちに落とされ、甘酸っぱい香りとともに中から純白のらっきょうが出てきました。その後、もう一度手洗いして傷や変色がないか目視で確認。「美しさも美味しさのひとつなんですよ」と智恵子さんはにっこりとほほ笑みながら話してくれました。

  • 純度100%のハチミツを
    隠し味に

    大きな鍋で水を沸騰させ、そこにサッと数秒間、洗い終えたらっきょうをつけます。「殺菌するのはもちろんですが、熱湯に漬けることで実が引き締まってシャキシャキ感が増すんですよ」。冷ましたあと、らっきょうを甘酢に漬けさらにハチミツを加えます。使っているのは、県内で100年以上も続く旭養蜂場で採れた純度100%のハチミツのみ。ここにも田中さんご夫婦のこだわりがありました。

  • 「大切に育てた我が家自慢のらっきょうに純粋なハチミツを使えば、お互いの相乗効果でさらに良いものができるはず、と思っていたんです。だからハチミツ選びは迷いませんでしたね」と智恵子さん。そこには「地産」のものを使って鳥取を盛り上げたい、という田中さんご夫婦の思いも隠されているのです。1ヵ月ほど漬け込んだら、あとは瓶詰めの作業を残すのみです。

  • シャキッ! という小気味良い歯ごたえと、口の中に広がるらっきょうの風味、そして程良い甘酸っぱさ。らっきょうのクセがほとんど感じられないのは、ナチュラルでまろやかな甘みを持つ、天然のハチミツを使っているからに違いありません。「おいしいって言葉が何よりの宝だね」。完成した真っ白ならっきょうを瓶につめながら、則幸さんはうれしそうに話してくれました。

  • 「らっきょうってカレーや料理の添え物っていうイメージがあるでしょう。でもね、実はビール類のおつまみにもぴったりなんですよ。程良い甘酸っぱさがビール類の美味しさをグッと引き立ててくれるんです」と、そんな食べ方もこっそり教えてくれました。みなさんも今年の夏はらっきょうのある食生活、いかがですか?

 

料理の添え物からビール類のつまみまで

農薬や化学肥料をなるべく使わない「特別栽培」で育てられたらっきょうを、甘酢と純度100%のハチミツで漬けた田中農園こだわりの逸品です。料理の添え物としてはもちろんですがビール類との相性もぴったり。

<お取り寄せ連絡先>
〒689-2114 鳥取県東伯郡北栄町北尾517-8
TEL 0858-36-4366

金麦セレクション Back number 過去の全国の名産はこちらから 金麦セレクション一覧へ

ページの先頭へ