12 December 2016

年末年始

日本の伝統的な年末年始は、「年神様(としがみさま)」という豊穣の神様を祀る時節。大掃除、年越しそば、おせち、門松や
ご来光までも、ほとんどが年神様にまつわるものなのです。忘新年会や帰省、旅行など多忙な現代の年末年始ですが、日本人ならではの心を感じながら過ごすのも一興かもしれません。

金麦スタイル 毎日を、もっと楽しく、心地よく。

pickup

特集 さりげないおもてなし

抽選で2名様に「おもてなしに、カトラリー&グラスセット4人分」プレゼント

お酒

お客様は20歳以上ですか?

  • はい
  • いいえ

すべてを来客用にするのは大変だから

年末年始、せっかくの休みだからのんびりしたいのに、
何かと来客があって休めない、ということありますよね。
ゲストが来るとなると、快適に過ごして欲しいし、
おもてなしに満足して欲しいから、
いつものままというわけにはいかないもの。
当日は掃除に料理にセッティングに、大わらわ……。

うーん、おもてなしって大変!難しい!
「大丈夫、難しく考えず、
肩の力を抜いてください!」
と、スタイリストの四分一亜紀さん。
テーブルや雑貨のスタイリングを手がける中で、
おもてなしをテーマにスタイリングすることも多い四分一さんに、
心得やポイントを教えてもらいました。
「おうちでのおもてなしは、お店やフォーマルな席ではないので、
ゲストにはリラックスして、
愉しく過ごしてもらうことがまず第一。
そこに、ちょっとしたサプライズというか、
ワクワクを感じてもらえれば充分だと思いますよ」

さりげないおもてなし3か条

1.心地よくリラックスしてもらう水回り

家に人が来るときにトイレや洗面所の掃除をしっかりする、
という人は少なくないのでは?

「ゲストが一人で使う空間なので、チェックされがちですよね。
ですから、キレイに整えておくことはもちろんですが、
トイレや洗面所はゲストが他の人から離れて
ちょっと一息入れる場所でもあるんです」
そういう「リラックス」「リフレッシュ」の場であることを考えると、
もうひと工夫することが、おもてなしにつながります。

「たとえば、小さな花を飾っておくとか、香りの演出をするとか、
ほっと心地よく感じてもらえる工夫がいいと思います。
ミントの香りは清潔感も感じられるので水回りにはおすすめ。
また、手を拭くタオルは1枚をみんなで使うとビタビタになってしまうので、
小さな手ぬぐいやハンドタオルをたくさん用意しておくと、
気持ちよく水回りを使ってもらえます」

2.いつものものに特別感をプラスするテーブル

おもてなしのテーブルウェア。
レストランのように揃いのものを用意するのは難しいけれど、
でもいつもよりちょっとよそいきにしたい。

「おもてなし用に器を揃えるのは大変ですよね。
でもいつものものだと色や形がバラバラでおもてなしっぽくない。
そういう場合は、1人ずつランチョンマットを敷くと統一感が出ます。
また、テーブルランナーやナプキンなどを添えると
ぐっとおもてなし感がアップします。
来客用に買わなくても、和紙や包装紙などでもOK。
たくさんある色柄から選べるし、手頃ですから」

もし、来客用に何かを揃えるのであれば、
お箸やカトラリー、あるいはグラスだけでも充分。
「それらが揃っていると、お皿が統一されてなくても
そんなに気にならなくなりますよ」

3.ドリンクバーで気をつかわずに愉しませる

さて、実際にゲストがやって来てからも、
招いた側は席を立ったり座ったり落ち着かない、ということもしばしば。
でも、せっかくの愉しい時間、一緒にテーブルを囲んで過ごしたいもの。

「特に飲み物の追加を取りに……というシーンが多いですよね。
そこで、テーブルの近くにドリンクコーナーを作るのをおすすめします。
大きな器に氷を張って金麦を冷やしておいたり、
ピッチャーにソフトドリンクを入れておいたり。
ドリンクバーがあることで、パーティっぽい雰囲気の演出もできます」
招いた方も気を遣わずに済むし、
ゲストも好きなものを好きなように愉しめて、一石二鳥です。

気持ちをかたちにして愉しむこと

「おもてなしは、もてなす相手を
『大切に思っています』という気持ちを、
言葉でなくかたちで表すこと。
難しく考えず、いつものわが家をベースに、
ちょっとだけ特別感を演出してみてください」

あとは、自分自身がおもてなしを愉しむことも大切です。
「玄関やトイレを掃除し整え終えたらお香を焚くのもおすすめ。
自分もリラックスして、気持ちよく準備できます」
自分もゲストも気楽なのにちょっと特別に見えるコツを知っていれば、
おもてなしはもう「大変!どうしよう!」ではなくなります!

四分一亜紀 AKI SHIBUICHI

スタイリスト。書籍や雑誌などで、インテリアや雑貨、手芸や料理など、暮らしのまわりのスタイリングを中心に手がける。好きなものは、写真とサッカーと美味しいもの。

http://instagram.com/osib_japan

おもてなしに、カトラリー&グラスセット4人分

今回のプレゼントはおもてなしにぴったりの
グラスとカトラリーの4人分のセット。

グラスは、松徳硝子のうすはりタンブラー(L)。
「薄くて口当たりがよいので、
金麦の美味しさを損なわないように思います。
シンプルなのでソフトドリンクでもOKです」(四分一さん)

カトラリーは、Cutipol(MOON MATTシリーズ)の
フォーク2種、スプーン3種の5本セット。
「すごく形がキレイなカトラリーです。
柄が長く感じますが、重さのバランスがよいのか、使いやすい。
ありふれた料理でも、このカトラリーなら、
テーブルをぐっと特別な印象にしてくれそうです」(四分一さん)

いつものテーブルをおもてなし仕様にしてくれる
グラスとカトラリーのセット。
ぜひご応募ください!

応募する

ページの先頭へ

pick up contents

  • 旬の便り
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント