7 July 2016

浴衣

元々入浴用の着物「湯帷子(ゆかたびら)」が形を変えたので、人前で着る服ではないとされていた「浴衣」。でも現代では、手軽に愉しめる和のオシャレですね。裾は、くるぶしが見え隠れする丈がベスト。合わせは右手が襟元に差し込めるよう左側を上にする、「右前」が正解です。

金麦スタイル 毎日を、もっと楽しく、心地よく。

pickup

金麦と愉しむ装い 着物のプロが見立てる私に似合うゆかたレポート。

7月にお知らせした、着物のプロと一緒に見つけるゆかたスタイリング会。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
8月に当選者3組6名様をお招きして、イベントを開催しました。
みなさんがどんなふうに自分らしいゆかたと出会ったのか、レポートします。

自分ひとりでは見つけられない、新しい色柄との出会い

8月。全国各地で週末ごとに、花火大会が開かれます。
都内でもあちこちで花火大会が開催されたある週末、
着物屋くるり(吉祥寺店)にて、ゆかたスタイリング会が開かれました。

最初にいらっしゃったのは女性の2人組。
普段は和装を愉しまれることはなかなかないということでしたが、
プロと一緒にゆかたを選び、着付けていただきながら
和装の基本的な知識を得ることができたそう。
「いつもは落ち着いた色味を手に取ることが多いのですが、
普段とは違う色や大胆な柄に挑戦してみたいと思って」
とおっしゃっていた方には、白地にクレマチス柄が鮮やかなゆかたを。
もう1人の方には、洋服感覚のデザインで
全体を淡いトーンでコーディネート。
「和装がステキだと再確認しました!」

次にいらっしゃった女性2人組のうち、おひとりは、着物好きとのこと。
とはいえ、プロと一緒に選ぶことで、
今までにない色や組み合わせに挑戦。ゆかたには珍しい
アラベスク柄に彼女の目が留りました。大胆な柄ながら、
同系色の帯でまとめることで上品なコーディネート。
「もう1人の女性は、粋な雰囲気がお好きということでしたが、
優しげな顔立ちから丸みのある萩の柄をご提案しました」
とスタイリストの早福さん。
モノトーンで粋を、柄で優しさを出したチョイスにご本人も
「すすめていただいたものと好みとがマッチしました!」
と、大満足でした。

3組目の参加者はカップルのおふたり。
男性はいろいろなゆかたを試し、どれもよくお似合いでしたが、
モノトーンのグラデーションのゆかたで、
大人の男性の魅力がぐっと引き出されました。
その隣で女性がイメージしていたのは、長く着られる古典柄のゆかた。
実際に着てみると、パステルカラーのやさしい印象のゆかたもよくお似合い。
「どちらも捨て難かったのですが……」と
スタイリストの早福さんも悩まれましたが、
おふたりで一緒に出かけるシーンをイメージして、淡いピンクのゆかたに決定。
それはお互いを引き立てあうような、すてきなゆかた姿でした。
「ふたり一緒に愉しみながらゆかた選びができました。
大人になってからはなかなかゆかたを着る機会がなかったので、
とてもいい機会になりました」

参加された方みなさん全員が自分にぴったりのゆかたと出会い、
いらっしゃった時とは違ったステキな雰囲気に変身されました。
ぜひ来年の夏も、ゆかたを愉しんでいただければと思います。

ページの先頭へ

pick up contents

  • 旬の便り
  • 金麦レシピ
  • コミュニティ
  • 読者プレゼント